未経験からIT業界に転職で成功できるのか 失敗しないために知りたい事

転職したい
IT業界へ転職を考えているけれど本当にお金を稼ぎ理想の年収をてにい入れることができるのか?

といった質問に現役IT業界で働く僕が答えます。

結論

IT業界で働くのに必要なスキルを身につければ企業に身をおく必要性はない

IT企業への転職する前に知っておいてほしい事

sebagee / Pixabay

IT業界というと、最新のテクノロジー開発や専門的な知識を持っていないとできなさそうな仕事のように考える人が多いです。

ですが実際には、専門的知識0のところから転職を希望して成功している人もたくさんいます。

僕は、福祉の業界からIT業界へと転職を成功させた一人です。

今後の働き方としてIT企業に入り知識や技術を身につけ

独立してフリーランスを目指す事が誰にでも選べる選択肢の1つになったという事です。

これからIT業界に転職、就職したいと考えているあなた。

IT業界で働くためには資格が必要か?

資格を持っていなくてもIT業界で働くことは可能です。

IT業界で働くのにあたり資格を持っていると転職の場合にはもちろん有利になります。

IT企業はかなりの人材不足に悩まされているので、大手企業でない企業が採用に関して有資格者のみの応募にしていては全ての人材が大手企業に1極集中されてしまうのは当然のことです。

なので最近では、資格はなくてもエンジニア養成スクール(通信可)を卒業していれば、ある程度のプログラミングができると判断してもらう事ができるので、実際に未経験から技術を身につけてIT業界で成功する人も多くいます。

もちろん、資格はあって困るものではないので、スクールに通いながら容易に取れる資格はどんどん増やしておいた方がスキルアップにもつながるので有利だと思います。

未経験でIT業界への転職は可能か

結論から申し上げると未経験でもIT業界への転職は可能です。

僕は、福祉現場からIT業界へと転職。

同期で入った友人は、スーツ会社からの転職。

もちろん、業務を進める上でITに関して、エンジニアとしての知識も必ず必要となりますが、営業などの実務に従事する事で学び習得できる事の方が多いと思います。

プログラミングは独学での習得はほぼ不可能なので、スクールに通うのがオススメ。

 

転職先を決める前にどのような働き方をさせてもらえるのかなどを詳しく聞いておけば、実際の業務に携わりながら学ぶことも可能です。

未経験からIT業界への転職を目指す場合は、「他業界での経験をどのようにこの会社で活かせるか」をアピールできるかが重要です。

IT企業は大手以外はスタートアップやベンチャー企業が多いため、前職での経験や、身につけている業務効率化のスキル等も評価のポイントになります。

IT業界は安定した働き方ができるのか

ElisaRiva / Pixabay

IT業界に対して日本で抱かれるイメージは安定しない働き方だという印象があります。

実際に転職した後に気づいたのですが、IT業界では、安定した働き方を望むには少し無理があります。

安定した働き方を求める人にはIT業界は不向きと考えている方が正常だとおもいます。

とくに、経済の移り変わりが激しい現代において、

 

「ベンチャー企業」や「スタートアップ企業」

「安定しない危険な環境である」

とのイメージを持たれやすいので、身内などにIT企業に転職というと99%断られますね。

そもそもIT業界は、変化のスピードが特に早い業界です。

10年前にはスマホなんてなかったですよね?

テクノロジーは日々進化して

人気のサービスや最新の技術でさえも、翌日にはそれらに代替+αのサービスを付随させたものが日々生み出されてしまう業界です。

イタチごっこに近い業界であるからこそ、エンジニアになり、イメージを具現化することのできる力があればビジネスチャンスが数多く埋まっている、可能性を秘めた今後必要とされる業界です。

 

  1. AI
  2. IoT
  3. VR
  4. プログラミングでDNAの書き換え

など、IT業界は人工知能のみならず、ヒトのDNAまでも書き換えて培養・再生させる能力を実装させる事が可能になってくるなど、今後はさらに医療分野にもIT企業が進出してくる事でしょう。

あなたが安定よりも自分の力で手に入れる収入・地位などの栄光への道を自分で切り拓く気持ちであるのならIT業界は非常にリアルな業界であるのでオススメです。

心の充実感や刺激的な日々を送る事ができるようになるでしょう。

もしあなたが座って言われたことだけをしていれば良いというような安定を企業に求めているのであれば、大手企業を除いてのIT業界へ転職することははおすすめできません。

もしも、あなたのスキルや能力に見合った収入を獲得し続けることや、興味を持ち続けて働けることを安定と考えるのであれば、柔軟な働き方に対応するIT業界は魅力的な業界と言えるでしょう。

IT業界は転職におすすめ

あなたは IT 業界と聞いたときにどのような仕事の進め方を想像しているでしょうか。

 Apple や Google Facebook 社などのルールも何もなく一日中パソコンと向き合って自由に働くような有名企業の働き方をイメージしていますか?

IT業界のみならず転職をする上でまずその業界が社会の中でどのような役目を果たしているのか業界の実情を知ることはとても大切です。

IT業界の収入・働き方・業務内容を僕の経験を元に知ってください。

IT業界とはどんな業界?

マイナビ転職

 

平均年収ランキングで10位までにIT系の職種が、2つもランクインしてることを見てもらえればわかる通りIoTが日々進歩している現代ではIT業界で働く人間が必要とされていることがわかります。

 

インターネットを通じ、海外の人と無料でビデオ通話を行うことも可能です。

 

このように情報技術を活用し、サービスや仕組み生活を豊かにするのがIT業界の仕事です。

現代では情報技術の発展に伴って色々な企業が最新のITテクノロジーを活用し今まで実現しえなかったサービスを次々と生み出しています。

多くの企業がIT業界に参入し始めたことにより業界自体が複雑な構造を持つようになってきました。

身近なもので言えばパソコンやスマートフォンなどのインターネット接続が可能な電子機器製品もIT業界の一つです。

SNSやソーシャルゲーム、クラウドワークなどの開発を行うのもIT業界です。

IT業界はサービスを提供するだけではなく。

金融機関や公的機関などのサービスを開発運用保守などのサービスを行っているSIer(エスアイアー)業界もIT業界に位置づけられています

現代社会においてIT業界が関与していない事業形態はほぼないと言っても過言ではありません。

だからこそIT業界におけるエンジニアなどの年収が上位に二つもランクインしているのです。

 

IT業界の人材不足を取り巻く現状

出典:27年度調査研究レポート

それはこっちにして現在インターネットと人の生活は切っても切り離せない関係になりつつあります。

インターネットの重要性や活用の幅どんどん拡大されています。

 

インターネットの活用の幅に比べてIT業界の人材育成の幅は広がってきていないのが実情です。

IT業界は今後必ず必要とされてくるマーケットなのですが、すでに人材不足が起こっており、業界で働く人間の市場価値は非常に高いものとなってきています。

なので給料が高くなっているということです。

今後もまだまだIT業界は売り手市場であると言えるでしょう。

 

それに伴い様々な企業でも今後はIT人材は重宝されることでしょう、ただIT業界は魅力的な年収を手に入れることができるその反面に、過酷なタイムスケジュールの労働が求められる仕事なので決して長く続く人ばかりの妖怪ではありません。

IT業界から逃げ出す人 離職する理由とは

出典:転職・求人DODA 転職理由ランキング<2018総合>

IT業界が注目されだした近年人気や名前の響きに転職を希望する人が急増しました。

IT業界に踏み入れる人が多くなったのと同時にIT業界から別の業界へ転職をする人も多くなりました。

IT業界への注目や人気が高まり転職を希望する人がいる一方、IT業界から別の業界へ転職を行う人もいます。

筆者も5年間同じIT企業に在籍していた際に、たくさんの仲間が他業界へ転職するのを見ました。

IT業界でも、転職の理由はあまり他業界と変わりません。おおむね下の様な理由が多いです。

DODAが2016年10月から2017年3月の半年間に転職活動を行った約3万5,000人のデータを元にした分析の結果では「IT/通信/インターネット」業界での転職理由は下記の様になっています。

仕事内容への不満

仕事内容の不満としては2に会社の将来性が不安であると言う理由が分かっていますが、IT業界はそれだけスピードが速く移り変わって行くので、取引先の1社にでも切られると、今後仕事を継続していくのが厳しい状況に陥ることもかなりあります。

4位と8位には、働き方に対する不満転職理由があがっています。

昔は工場の仕事などがきつい汚い、3Kなどと言われてきましたが、IT業界もきつい、寝れない、年収と見合っていないのです。

一見して他の業界より年収はかなり高く設定されていますが、仕事内容としては毎日残業会社に泊まるのは当たり前というような家庭を持つ人にとっては耐え難い働き方な企業が数多く存在しております。

体調を崩さないように働こうと思っても、それをできないように働かせているIT企業があまりにも多すぎて、企業があまりにも多すぎて企業があまりにも多すぎて離職者が多い業界でもあります。

賃金に対する不満

先述のDODAの調査では2位が「賃金への不満」です。

IT業界は他業界に比べると、年功序列よりも実力主義の傾向があり、新卒でも技術が伴えば、給与の水準はありえないくらい高いです。

そのため、勤続年数が長くても年収が極端に少ない人守るのですが、勤続年数が少なくても技術力や、成績によって給与が増える場合もあります。

しかし、いくら自分が頑張っていても、会社全体で業績が落ち込んだ際は給与が一気に落ち込むこともあります。

そのため、そのためいくら業績が良いと言われていても、従業員の給与が減給などの対応があった場合は、噂が噂を呼び今後この会社に未来はないのではないかと不安がられ、一気に離職者が出て、技術者がいなくなって倒産という企業も数多くあるようです。

IT業界と聞くと残業が多い、終電間際の退社も多い、などのイメージを持っている方は多いでしょう。

職種によって勤務時間はさがありますが

長時間労働の要因のひとつとして、受発注の仕組みやITエンジニアの仕事の特性によるところもあります。

情報システム構築の開発プロセスには多くのITエンジニアがシステム設計、プログラム作成、テストに従事し、その仕事の特性には様々な形があります。

ソフトウェア開発は、複数のエンジニアによってprojectチームを作り仕事に従事し、場所は開発プロセスにより変わることがあり、自社の事業場だけではなく顧客先に常駐して業務にあたること(客先常駐)もあります。

開発プロセスの全部もしくは一部を他のソフトウェア会社に委託(アウトソーシング)し、二次受けのギュム内容などもあるため、他社のサービスを開発しているといったことも小さい企業であれば起こりえます。

 

上司・会社の自分への評価に対する不満から転職

tiyowprasetyo / Pixabay

IT業界で今一番深刻な問題となっているのが、入社に関しての評価をどのようにしているかというところです。情報技術系の資格を持っていれば誰でも簡単に合格できてしまうという判断基準になっていると思うのです。

ということは技術は自己申告によって採用の可否が決まっているというところです。

なので入社してから用紙や会社が自分に求めていたスキルレベルに到達していなかった場合、評価が著しく下に見られ先入観で仕事を任されるようになります。

過酷な労働をさせられたり、賃金に見合わない業務をさせられたりと自分への評価に対しての不満から転職する人が後を絶たないのです。

人間関係への不満

IT業界はまだまだ歴史が浅く大企業より、創立間もないIT企業の方が多いです。

企業の規模が小さいと、社員数は必然的に少なくなります。

社員数が少ないと、一人一人のコミュニケーションが仕事を遂行する上で大切になります。

そうした環境に馴染めないと、コミュニケーションを取れるもの同士が仲良く仕事を行うようになるので、仕事はやりづらくなります。

例えばエンジニアはデスクワークが多く、一度コミュニケーションを取れないとラベルを貼られてしまうと仕事にも影響が出てきてしまいます。

転職するのであればまず、職場に出向き、従業員一人一人のコミュニケーションの取り方についてよく観察して、チームで働く企業なのか個人で働く企業なのかを見極めたうえで自分がどちらのタイプかを分析し、自分に合う社風の企業で働くことがオススメです。

 

IT業界で働くメリット・デメリット

IT業界で働くことのおもなメリットとデメリットについて紹介していきます。

IT業界で働くメリット

IT業界で働くにあたってのメリットは最新の技術やツールに触れる機会が多く、固まった考え方ではいいアイディア出すことはできないことからユニークな働き方、自由な働き方をさせてくれる企業が非常に多いところです。

 

会社に出勤するのは会議の日だけ、その他の日は在宅で仕事に取り組みコミュニケーションをとるのは全てビデオ会議というような働き方の会社も多くあります。

 

IT業界での仕事単価は非常に高いため、一件でも良い成績を残せる仕事ができた場合は大幅な収入アップも狙えるところいや、若くても非常に重要な業務にコミットさせてもらえるなど、年功序列の企業では経験することができないことが若くても数多く経験できるというところです。

 

IT業界で働くデメリット

IT業界は日本においてまだまだ認知されていないため福利厚生や働き方などの労働環境による制度が整っていない企業が多く見受けられます。

 

僕が経験したことのあるIT企業の働き方は、1日15時間労働、夜中でも会社から連絡がかかってきて対応しないといけないなどの働き方を経験したことがあります。

そのような働き方に高いモチベーションを保ち続けスピード感についていく必要があるため、日々の業務をルーチン化している大企業志向の人はIT業界は向かないでしょう。

 

自分で労働時間の管理をできないのであれば、労働時間が半端なく長くなったりすることがあるので自分でタイムスケジュールを組んで働くことのできる人でなければ体が持たなくなるのが先だと思います。

IT業界に転職するよりフリーランスで働く方がおすすめ。

あなたがIT業界に転職して働きたい理由は何でしょうか?

 

僕がIT業界に転職した時の働きたい理由は以下の3点でした。

 

  1. 高収入を得たい。
  2. 自由な働き方を手に入れたい。
  3. 働く環境を自分で整えたい。

 

皆さんも一度転職したい理由をあげてみてください。

 

上記で説明してきた中で過酷な労働、責任が伴う仕事、様々なことを踏まえた上で

「IT企業で働きたい!」とお考えのあなたは、かなり熱意のある人だと思います。

そのように熱い考えを持つ方には正直会社員として働くことはお勧めできません。

なぜならIT業界に転職したとして、固定の給料をもらって過酷な労働をし続けるより、

「エンジニアスクールに通って技術を先に身につける」

 

ことができれば、自宅にいながら自由な時間に休憩を取りながら、成果報酬として給料をもらう方が確実に自由な働き方を手に入れることができるからです。

先ほども述べたようにIT業界での仕事単価はかなり高いです。

企業側も、 B to B でシステムの整備をアウトソーシングするよりも B to C で仕事を依頼したほうが、開発コストの削減ができることがわかっているからです。

自分が企業を相手に、サービスを開発提供することはいきなりできることではありませんが、ある程度の技術をつければ、ホームページのさ作成1件20万円とかで取ることができるので、一週間に一つのホームページ作成ができるようになれば、1ヶ月で60万円の収入を得ることができます。諸々の経費を引いて手元に残るのは40万円ぐらいですが、

IT業界の企業に所属しているだけではこの給料をもらうのはかなりの技術レベルが必要になってくるので、 IT業界に転職しようと考えている人は、業界に転職しようと考えている人はエンジニアスクールに通いある程度のレベルを身につけてフリーランスとして独立する方が望んだ収入、望んだ働き方を叶えることができると思います。

IT業界で自分に合う働き方はどっち?

IT業界で働くにあたって、企業に属するメリットは税務的な仕事を全てやってくれるところぐらいしか私自身は感じませんでした。

そのような作業は外注すれば簡単に行ってくれるので会社で縛られて1日15時間労働するくらいなら、フリーランスとして働いたほうがいつでもどこでも働くことができるのであなたの希望する働き方につながるかもしれません。

プログラミングのスキルを身につけるには

IT業界に転職しようと、転職活動を始めているあなたは、ハローワーク職業訓練場などでプログラミングのスキルを身につけようと思っていると思いますが、僕自身転職する前にハローワークでのプログラミングスキルについての学習をしましたがまだまだIT人材が不足している現代において講師の人もそこまで理解していないんじゃないのかと思うような授業内容でした。そのようなレベルの低い技術を身につけたところでフリーランスになる事はおろか、IT企業への転職すら難しいと私は思います。

それではどのように学べばいいのか?

プログラミングスクールを利用する 

プログラミングスキルを身に付けた後は即実践的に働くことを希望しているのであれば、転職サポート付きのプログラミングスクールで学ぶのが一番早いですね。

なぜプログラミングスクールで学ぶことをおすすめするのかというと、プログラミングスクールで講師をしている人のほとんどは現役プログラマーだからです。

実際に現場でどのような仕事が行われ、 どのようなスキルを身につけていれば仕事を受注することができるのかなど、現実体験を元にカリキュラムを組んでスキルアップにつなげてくれるからです。

これからIT業界にプログラマーとして転職しようと考えている方の多くはプログラミングの基礎は何かということすら分からない人が多いと思いますがそのような人は以下の手順を踏んでいただきたいです。これは実際に僕も行った手順なのでやってみる価値はあると思います

  1. オンライン型のプログラミングスクールの無料体験レッスンでプログラミングとはどのようなものかを体験してみる、 
  2. 無料のプログラミング学習ツールで実際にプログラミングを体験してみる
  3. プログラミングスクールに通って即エンジニアスキルを身につける。 

この2点をやってみれば、プログラミングで自分の組んだコードが出力される時の感動を覚えます。

この二つの学習方法について以下に紹介させてもらいます。

 

自分が希望する働き方を最短で手に入れるならならTECH::EXPERT

プログラミングを10週間で学んで転職を一気に実現するのが、TECH::EXPERTの「短期集中コース」です。

TECH::EXPERTであれば10週間でプログラミングを学び「転職」・「フリーランスとして独立」の希望する二つの働き方に向かって最短で技術をつけることが可能です。

TECH::EXPERTでは基本的に教室での受講スタイルになっているので、通わないといけないというデメリットがありますが、教室での授業形式での学習ができるため自分が間違っている箇所わからないところに関してすぐに質問することができ解決できるので。 オンライン型のプログラミングスクールにはない学習スタイルの魅力があります。

教室での受講スタイルでは、在職中に学ぶことが難しいのが一番のデメリットになってきます。

もうすでに会社を退職したという方はTECH::EXPERTからの転職を目指すのが一番速いかもしれません。

今後の働き方に関してのキャリア相談など無料体験を含めたカウンセリングなども受けることができるので、自分がどちらのスタイルで今後働いて行こうか悩んでいる方は無料相談を検討してみてはいかがでしょうか?

オンラインで学ぶなら、Tech Academy Javaエンジニアコース

現在在職中で、日中に教室まで足を運ぶことはできないという方はスキマ時間を利用してオンラインでのプログラミング学習を行うのがおすすめでしょう。

 

ただしオンライン学習であれば、隣に講師がいないことによって質問に対しての回答などにコミュニケーションの相違が起こることがあるのがデメリットですが、今の仕事から転職を希望している方にとっては、転職活動、プログラミング学習、現職の業務を遂行するうえで効率の良い学習スタイルだと思います。

 

多くの企業では Java に関する技術を持つエンジニアが不足していると言われているので、基本的なプログラミング言語の Java を徹底して学ぶことができるTech Academy Java エンジニアコースでの学習が魅力的かもしれません。 

 

Tech Academyではオンライン完結型のスクールの中で最短の学習時間でエンジニアスキルを学ぶことができるのが特徴です。

最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のスクールです。

どこかに通う必要なく、自宅でもプログラミングやアプリ開発を学ぶことができます。

選ぶことのできるプログラミングコースは以下の 18コースになっているので、今後必要とされる人材になるためのプログラミング学習が選びやすいというところが、イチオシポイントです。

 

  • Webアプリケーションコース(Ruby on Rails)
  • PHP/Laravelコース
  • Pythonコース
  • フロントエンドコース
  • WordPressコース
  • iPhoneアプリコース
  • Androidアプリコース
  • Unityコース
  • はじめてのプログラミングコース
  • Webデザインコース
  • UI/UXデザインコース
  • Webディレクションコース
  • Webマーケティングコース
  • Javaコース
  • ブロックチェーンコース
  • Node.jsコース
  • Scalaコース
  • AIコース

今後は確実に Java だけでなく AI などの機械学習に関する Python などの言語も必要とされる技術になってくるので、 今後の中小企業が AI に力を入れだしたときに活躍できる AI に関する学習ができる AI コースなども後々検討してみるのもいいかもしれません。

 

短期ではなく、じっくり学ぶならCodeCampGATE

「転職は考えているけど、確実に技術を身に付けて今後プログラミングで生きていきたい」と考えている方は 

CodeCampGATE(コードキャンプゲート)もういいでしょう。

CodeCampGATEでは4ヶ月をかけてじっくりと転職に向けてオンライン上での学習を行っていくコースになっています。 

2か月の基礎学習をベースにして、残り2か月で即現場で活躍できる実践的スキルについての学習をできるのでCodeCampGATEでは、ハイクラスなプログラマーに転職できることが最大のメリットです。

まとめ

どの業界でもそうですがIT業界に転職する前に、 業界に転職する前に、 世間が抱いているような華やかな働き方だけができるわけではないということがわかっていただけたでしょうか。実際にIT企業で働く僕の意見としては、 プログラマーとして働くのであれば通勤時間なども考慮して在宅で プログラマーとして働く方が家族や友人との時間を大切にして働くことができるので自由な働き方としては

フリーランスプログラマーにに転職する方がメリットが大きいように思います。

今後IT企業への転職を考えている方が、 企業への転職を考えている方は プログラミングスクールを使って、理想の転職を実現させてください。

いつでもどこでもネット環境さえあれば働けるそんな理想の働き方が2020年以降は訪れます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください