僕が障害者サラリーマンになったわけprofile

障害者サラリーマンのこうだいのプロフィール記事

挨拶

初めまして訪問ありがとうございます。
大阪府河内長野市出身
現在障害者サラリーマンの奮闘ブログを書いていきます。
いろんなことに興味があるので、街中で見つけたあんなことやこんなこと
面白おかしく書いていけるように頑張ります。

こうだいの歴史

こうだいって誰なん?

元サッカー選手現在は左半身麻痺 身体障害者(一種二級

生まれ~小学生

大阪府堺市出身現・河内長野市在住(ほぼ和歌山だと言われる)

1994年6月1日にこの世に生まれてくる。何もない田舎町で生まれスポーツではだれにも負けたくないし負けないと変な自信に満ち溢れるクラスには絶対一人いるナルシストな変わった奴だった。
小さい頃から冒険が大好きでよく人の家の床下とかを秘密基地にして、そこで釣ってきたりした魚とかを焼いて食べては、友達と一緒に警察に連れていかれそうになったことや、山の秘密基地では大火事を起こして消防車が来たりしたこともあった!

中学生時代

中学ではやんちゃが大好きだったことから一通りの悪をこなしてきた。ここには書け無い様な事ばかりなので、内容は今後に期待。

14歳の時、サッカーではGKをやっていたこともあり、世界レベルで戦えるなるようには、身長が180センチないとアンダーの代表にも選ばれにくくなる!
だから、垂直跳び1M飛べばいいという考えからブラジルに単身渡り武者修行を行なった。そして垂直跳びは1Mを記録することは出来なかったが0.9Mくらいは普通に飛べるようになっていた。
この時僕はJリーガーになって将来はサッカー選手として生きることを決める。

15歳の夏の昼下がり

ただでさえ頭が悪いのに脳みそが半分になってしまう(笑)

と直感的に体が感じたのだった。

ここでも毎日看護師さん達に囲まれながら毎晩ナースコールを鳴らして回った。
僕はこれしきのことではへこたれないのだ!
常に楽しむ方法はいくらでもある!
この時に僕は、障害者になった自分を親を恨むとともに仲間の大切さを学んだ。

ここから毎日地獄のような一日10時間リハビリ生活が始まる中学生活最後であったが、卒業式最後までを病院の中で過ごした。
でも必ず1日に一回は友達が自転車で30以上かけて病院まで来てくれたのだった!
そんな支えに助けられて、生きる事の怖さと、希望を見つけた。

高校時代

高校はサッカーで立正大淞南へ入る三年間、三年間リハビリとサッカー漬けの日々を送る。

リハビリ

リハビリでは高校に入っても部活の時間を使って、一日約10時間を超えるリハビリを続けるのであった。動かない左半身を動くようにと、少しでも動けばと、少しでも指が動けばと指が動く夢を見たこともあった。

目が覚めると動かない手を見て死にたいと思ったことも何度もある。
この時、
みじめな自分が恥ずかしくて人と会うのが怖くなった。

サッカー

サッカーで進学したがいつも故障者とトレーニングを続ける日々が続いた。
でもボールに触れられることだけが唯一の幸せを感じられる時間だったが、
ピッチに立てない自分の屈辱的な現実を受け入れられない3年間がとても鮮明に脳に残っている。

大学時代

一番になるこだわりが強かったおかげで大学まで勉強をほぼせずにサッカーで進学したが
今になって、もう少し勉強をしておけばと思う。

大学ではまったのが世界を旅することと待ちゆく女性に声をかけるナンパだった。

カンボジアでの旅を通じて初めて一生をともにしたいと思う仲間が現れたのだった。

カンボジア・インド・ラオス・韓国・中国など仲間とあらゆる国を旅した
旅でできたは僕の障害を気にかけることなく、
笑いのネタにしたり笑いに変えるような変わった奴ばっかりだった。
今では頭がおかしいと言われている!

重度障害者が四国一周する

大学時代には、自転車のハンドルも10分握り続けられないのに、自転車で四国一周自転車旅をしてみた。
そこで1ヶ月と少し野宿のみをして毎日を過ごした。
宿に止まらないので川で体を洗っては、3日に一回温泉に行く!
トイレのウォシュレットは最高のシャワーだった!
ひとり旅も最高のものだったが、
そんな旅を通じて、仲間ができたことが今では自分の障害のおかげでもあると、障害があることが、自分の一つのステータスとなっている!

ナンパ

左手が動かないので、いつもポケットに手を隠したままナンパしていた。
成功してめちゃウキウキしていても障害のことがわかると去っていく事もよくあった。
そんな経験が、障害者は社会で認められないと感じていた。

だが、ナンパが俺に力を与えたのだった

ナンパでは100人に声をかけて99人に相手にされないのが現実だったこともあり、

成功するまであきらめない強靭なメンタルを装備することになる

結婚・離婚

22歳で初めての結婚を経験したのだった、三か月で離婚するとは夢にも思わなかった。

率直に結婚とは、僕のような自由にわがままに生きていきたいタイプは絶対にしない方がいいと思った。

今後もチャンスがあれば何回だってどんどん挑戦していくつもりである。

最高の仲間

18歳の時カンボジアでの一人の熱い男との出会いで全てが今につながる)人のつながりによって支えられて今を生きる
このブログもそんな仲間の仲間からの紹介で仲間になった天才ブロガーキシコロが作成を支援してくれた

キャリア&趣味

キャリア

14歳で単身ブラジルへ渡る(FCグアルジャ・ブラジル4部のチームに入る)
元サッカー選手(元U12~U14ナショナル選手&15歳~元障害者サッカー日本代表)

趣味

スポーツ どんなスポーツでも片手でできることはすべやる。
釣り 常に大物を狙っていくが坊主で帰るのが恥ずかしいから帰りに漁港で購入することもしばしば

モットー

・思い立ったらすぐ行動
・誰にも負けない努力をする

このブログを通じて

このブログを見てくれる人みんなに勇気を与えられるような
こんなポンコツでもやっているんだからって少しでも思ってもらえるように
書くのでお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA