【モテる男の惚れた女を落とす男のテクニック5選

意中の女性に好きになってもらいたい。

「モテたい」こんなことは男に生まれてきた以上は誰しも抱く願望やよね?

でも、そこらへんの男は「モテる」ということの意味の本質のところを理解していないから、今回は「惚れた女を確実に落とす男のテクニック5選」についてやで。

「モテる男」って女性にちやほやされたり、女性と遊びにいく回数が多い男ではないんやで。

それは女性が親近感をいだきやすい男なだけなんやで。

「惚れた女を確実に落とす男」とは本質的に違うんです。

「惚れた女を落とす男」が実行している5つのテクニック

それではここからがモテる男が実践している。テクニックになるで。

1:ターゲットはいつも同じ・信念をブラさない

brenkee / Pixabay

気に入った女を確実に落とす男は、「いい人おれへんかなー」なんてそんなゆるい気持ちで女を見てません。
「直感的にこの女性」だと思う人にターゲットをしぼってその女を落とすことに全神経を集中させるのです。

意中の女性の前でも大勢でどんなタイプが好きなのかを話していても平然と「君が一番タイプ」であることを
伝えられることが女性の心を射止められる秘訣なのです。
この女と決めればその女以外に興味はなく、自分の狙った女を落とすために、全力を注ぎます。
目的の女と、信念をブラさないことを徹底すること。

2:自信に満ち溢れた自分でいる

Free-Photos / Pixabay

オドオド・くよくよしている男を好きな女はいません。
あなたがモテるかどうかは、目の前の意中の女性を落とせるかどうかにかかっています。
過去の恋愛や、周囲からイケメンといわれているかなどは関係ありません。自信を持ちましょう。

たとえば

  • 「いまはそんな気持ちになれない」
  • 「別れた彼氏が忘れられない」

たとえこんなことを言われても「君は必ず僕を好きになる」と思い行動し続けるのです。

いきすぎた思い込みは相手に気持ち悪がられますが、適度な自信が相手を安心させます。
小さい積み重ねの結果が自分は自信をつくるのです。たとえ結果が出ていなくても、次こそは成功すると想い寡黙に行動を続ける男に恋の女神は微笑んでくれるやで。

3: 夢を語り相手の夢を受け入れられる

デートでは、自分の夢を誇張せずに素直に現実と照らし合わせながら語ることが重要やで。

唐突にでっかい夢を語るのは引かれる原因になるから、やめとくんやで。

大きい夢よりも現実に叶えられるちょい盛りくらいの夢は女をキュンとさせるんやで。

男として生まれてきた以上は女を興奮させられる夢の1つくらいは持ち合わせていないと残念です。

夢がないって人は、自分の思うことを大きく語ればそれが自然と、夢になるから心配いらないです。

そして、自分の夢を語ることのできる男はどんな相手の夢でも実に素敵な夢として聞くことができるんです。

綺麗事だけでは女は簡単に振り向いてくれません。

 

4: 1~2ヶ月先の週末まで予定を決める

webandi / Pixabay

絶対に次の大まかな会う約束も決めずに、お別れはしたらあかんやで。

デートが終わるときには次の予定を直近で決めるというのも、後々は義務みたいに感じてしまうようになるので、よくないで。

予定を決める時のコツは、ざっくりと最近できてないこととかをきいて、次にこんなことをしようなんて予定の決め方をしておけば、気が向いた時に適当に遊びに行ける素敵な関係になれることは間違いない。

デートのときに、「行きたいけど、忙しくて(もしくは機会がなくて)行けていないところ」とか、「好きな食べ物」などの会話をし、それら全てを2人で行くことを約束するのです。

趣味がスピリチュアル的な場所であれば、御朱印集めなど、まで一緒に食べに行く予定を入れるのです。

相手が自分を好きになるまで繰り返さないといけないことは、RFE法を使い続けるんやで。

RFE法
  • Recency:最後に会った日から一周間以内に次に会う大まかな予定を決める。
  • Frequency:週に1回以上会いましょう。理想は平日1回、週末1回の計2回
  • Experience:食事やお出かけだけでなく多くの共有体験をつくる。

 

5:LINEではなく電話をする

Free-Photos / Pixabay

今は誰でもがスマホでLINEでやり取りをする時代やからこそ電話しかなかった時代の、声で思いを伝えることがめちゃくちゃ重要になってくるんやで。

みんな、LINEの既読がつくか、返信が早いか遅いか、文章が長いか短いか、とか文章の細かいところばかりに目をやって、小さなサインの探り合いを常日頃からやってるやろ?

相手の心に傷が付かないように、お互いが腫れ物に触るような感覚でお互い距離を取り合っているそんな感覚で女と向き合っていてもその先の物語はうまれへんのや。

そんな現代やからこそ、

LINEやfacebookのMessageなんかじゃなく。

電話で相手の心を掴むんやで。

僕はよく電話をするだけで、「どうしたの? わざわざ電話くれて」といわれます。

ただ声聞きたいから電話しただけやのに「わざわざ電話してくれた」って言われる時代なんやで。

そんなこと聞かれたら決まってこう答えるんやで。

なんか君の声が聞きたくなったからさ

こんな言葉をさらっと言えるようになれば、女は「自分に気があるのかも」と思い、電話の向こうで女が心踊らせているのを確認できたら、二人の物語のスタートやで。

人生一度きり、自分のことを好きになってくれた女と一生を共にするなんてクサイことは考えるんやないで。

自分が狙った女を借りにいく人生をあゆむんやで。そうやって男を磨いて行って、最高の女が寄ってくる男になって初めて自分が女を自由に食いつくせるようになるから。

君がほんまにいい女を狩れるように祈っておくで。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA