旅行を最高に楽しむ秘訣6選

旅行って最高に楽しいですよね。でも過去にこの旅行は楽しく無かったなーと思う
旅を経験したことのある人も多いはず。
そんな時には、帰ってきて旅行に行った事を後悔したことのある人もいますよね。そこで今回は自分があらゆるところを旅してきて旅を最高にする秘訣5選として紹介させていただきます。この記事を参考にすれば、絶対に最高の旅ができる事を保証します。

1、旅に出る前計画を練るのはナンセンス

旅をするとなると、旅先をどこにしようか考えますよね。実際は、旅先なんてどこでもいいんです。旅先を決めるのに、あそこにはこれがあるから、あそこに行ってこれをしないといけないから。

旅先を決める段階で、旅先でしたいことが、しないといけないことに変わってしまうからです。
実際に僕は旅に多く出てきましたが、旅先を考えて行ってスケジュールをたてて行ったのに、スケジュール通りに旅をできたことなんてほとんど一度もないです。

旅なんてハプニングの連続


とんでもなく旅好きの男と仲間で旅をして、インドに向かうはずが、中国で2日間放浪したこともあります。

旅をするってことはこんなことがほぼ確実に起こるのです。
だから初めから綿密に計画を練るなんて、ナンセンスなのです。

そして、計画を細かく決めてしまうと、【したいこと】が、【しなければならないこと】のように義務となって、できなかった時にできなかった思い出となってしまうのです。
旅なんて行き先だけを決めて、プランもなく行く事を絶対にお勧めします。

2、旅先で1日1〇〇を決める

例えば1日1回カフェで絶対に朝食を食べるとか、
1日1回練る前にミーティングをするとかでもいいです。
ラオスにて1日1マッサージを受けるこれは最高でした!

簡単な事を1日1回〇〇にして、仲間と同じ第6感をシェアすると最高です。

同じ感覚をシェアすることが何よりも旅を最高にする

友達と行く旅なら特にこの習慣を実践する事をお勧めします。
旅に仲間と行くとそれぞれがしたいことが違うことが多くあります。
そうなると、自分が興味のないところに時間を使われるという気持ちになったりします。
1日1回〇〇習慣があれば旅先で同じ事をシェアする時間が必然的にできるので、それぞれが行きたいところに行けなくても、自然と、毎日1回は同じ事を一緒にするという目的ができるので、自然とお互いがしたいことが近くなって来るのです。
お互いがしたくないことも一緒にすれば、愚痴も言い合いそれこそがコミュニケーションとなるのです。

3、旅先での経路と行き先を決めるのはあなたの〇〇が決める!

旅先で行きたい場所、やりたい事を決めるのは、現地の人に直接聞くのが一番。
旅先のことは旅先で生活している人が一番よく知っている。どんなところに行きたいか、コアなところに行きたいなどの要望を現地の人に話しかけて、現地ネタを多く仕入れる。

すると計画なんて練っていなくても、興味のあるところに自然と足が向かい、旅する目的ができるのです。

誰もが行く場所は思い出になりにくい

 

本に載っているところ、ネットで調べれば出るところよなんかは、誰しもが行くから、思い出としては残りにくい。
せいぜい残るのは、インスタ映えした写真くらいでしょう。
せっかくの旅が、携帯のSNSの旅なんて非常にもったいないです。
旅は、自分の喋りと、感覚が本当に最高の旅へと導いてくれるはずです。

本当の思い出になるのは、あなたが自分で作り出した思い出の場所だけなのだ。
そうすればあなたは常に一歩先を行った、旅のパイオニアになれるはずです。

4、旅の中では、必ず一人行動の日を作ってみる

長期の旅となれば、仲のいい友達といえどもずっと一緒にいると、間ラズ嫌なところが見えたりします。
そこでそんなマンネリを解消するには、旅の中で別行動をしてひとり旅の時間を楽しむことである。

隣の芝は青く見える

この言葉の通り別々に行動をしていると、仲間が何をしているのかがとても気になりますよね。
気になることこそが、自分の旅も仲間以上のいい経験をしてやるぞと意欲を掻き立ててくれるのです。
そんな経験をお互いがすることによってもっとアレをこれをしてみようと、お互いが、面白い事を考えるチャンスを生み出してくれるのです。

5、ハプニングを楽しむ

どんな旅にもハプニングはつきものです。
そんなハプニングも旅を面白くする一つの魅力です。
旅をするにあたって、ハプニングを面白くさせるポイントがあります。

ハプニングは旅を面白くするスパイスである

旅の途中にハプニングに見舞われる事も多くあります、実際に自分は野宿の旅をしている時によr寝床に選んだところで朝起きたらゴキブリまみれのベンチであった事もあります。
ハプニングは、必ず起こるものと考え逆にあえて、ハプニングが起きるような少しデンジャーなことに挑戦するのも旅を盛り上げてくれる秘訣ではないでしょうか。

6、荷物は最低限しか持って行かない。

荷物を必要以上に持って行くとせっかくの旅が非日常で亡くなってしまいます。
男性の旅なら、パンツ、石鹸、歯ブラシ、シャツ一枚あれば旅ができるでしょう。

必要なものは全て現地調達すべし

旅は全て揃えてするものではないです。
旅で必要なものも、思い出も、旅先で出会った人の連絡先も全て現地でしか調達できないものばかりなのです。
そこにものを大量に持って行くと現地調達できるものの容量が減ってしまいます。
全て現地調達するぐらいの気持ちで旅に出る事をお勧めします。

最後に

僕があらゆるところを旅してきた主観で書きましたが、最高の旅にする秘訣は全ては出会いにあると思います。
出会いが出会いを呼び出会いが新たな出会いを作ると感じます。
皆さんも、素敵な出会いを作れるように、良い旅をできる事を願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA