【超疲労回復】体がだるい原因はここにあった。疲労回復のためにすべき3つの習慣。

まだまだ暑さが続きますね〜

今日はスポーツマンだった頃を思い出して、
夏に負けない絶対的な習慣を紹介したいと思います。

毎日暑くて夏バテしている人も多いんじゃないでしょうか。
夏バテは全て、週末の過ごし方を一つ変えることでならないんですよ。
日常がお忙しいみなさんなら休日の過ごし方もなかなか難しいですね。
家族、友人などとお出かけしたりしますか?
暑いのでやっぱりお家でクーラーの効いた部屋でゆっくりしたい!
そんな気持ちすごくわかります。

休日気がついたら日が暮れていて1日を無駄にしたなと感じる社会人の方は多いですよね。

それは普段からの生活が悪いから体が疲れきって出しているSOSのサインなんですよ。

そんな方は、特に趣味もないから休日を翌週につなげることができずほぼ100%ダメにしてしまいますよね。

そんな方に朗報です。
今日は休日を最高にするために大切なことを紹介していきたいと思います。

普段からできる簡単健康法を紹介します。

休日を最高に過ごしたい人に贈る

休日になんの趣味もない人って一日中家でだらだらすごしていますよね。

僕はサッカー選手をやっていたこともあり、食事、睡眠、運動と人間の健康維持に必要な3つを徹底管理されていたこともあり、人一倍体に気を遣っていたので、体の不調が色々な症状となって出やすいので、体調の管理にはとても気を遣っています。

 

そんな自分の経験から、体に良くない生活をおくっていると、体調が悪くなるだけでなく、ライフワークのバランスが日に日に崩れていってしまうので日頃から行なっている健康法を紹介します。

一度バランスの崩れた体を元に戻すのには最低半年はかかります。
今日はもうすでに体のバランスが崩れている人にぜひ読んでほしい最高の日々を過ごすことによって、最高の休日を送ることができるのであり、日々のワークパフォーマンスを最大限引き出す秘訣をお伝えしたいと思います。

社会問題が体のバランスを崩す原因となっている

体のバランスを崩す理由には、実は社会問題も関係しているのです。

なぜ体のバランスを崩すのかというと、結論として、必要のない物を現代人は日常的に使いすぎ、摂取しすぎていることにあります。
現代は物で溢れているからです。
こんなにも物で溢れた、現代では自分で自分の体をコントロールする力が必要になってくるのです。

気を遣っているつもりでも
食事はあなたの体をむしばんでいる

私は栄養バランスには気をつけています。
と胸を張って言う人も多いと思いますが、現代の食事では、栄養過多や添加物過剰摂取になっている人が多すぎるのです。
なんでもそうですが、
「すぎたるは及ばざるが如し」
といわれるように、体にいいと栄養素を必要な分摂取していても、その摂取する物の中で、多くの添加物まで一緒に取ってしまっている人が非常に多いのです。
栄養をとっているのに疲れが取れないと言う人は当然です。栄養と一緒に添加物も多くとっているのですから。

添加物の脅威

最近はよく無添加と書かれていますが食品を長期保存できませんというだけで、その分他のところで、麺にコシやツヤを出したりするのに湿潤剤や保湿剤や乳化剤などの添加物は非常に多く含まれているのです。
無添加のものだからといって栄養の多いものを摂取していると、知らず知らずのうちに少量ずつ添加物を大量摂取していることになります。
なので健康になるために食事を取るのなら、
米は握りこぶし半分の量におかずをできるだけ、7品目は取るようにしてください。
これが一番体への栄養吸収率がよくなる個人差ごとの適量の目安となります。
食事は体を作る上で一番大切なものになるので、特に気をつけてください。

携帯電話の本当の恐ろしさ

空いた時間を有効活用しなくても、暇を潰せるツールはたくさんあります。

そうです、携帯です

携帯があればゲームでも、連絡でも何もかも全て完結しますよね。
その暇な時間に携帯を多用することはを使うことは非常に脳を疲弊させているのです。

生活の中で、あなたが仕事から帰って家でゆっくりするのに、携帯ってほんとうに必要ですか?
実際、携帯はそこまで必要でないですよね。
よくブルーライトが目に悪いとか、肩こりをひどくさせるとか言いますよね。
最近ではスマホっ首なんて言葉もよく耳にしますよね。

それも実は正解なんですが。
携帯電話の本当の恐ろしさは、次のページに移動するのにも戻るのにも、ボタンを選択しなければならないですよね。
この選択するという作業が人間の

脳を最強に刺激し疲れさせているのです。

人生でも選択の連続が続くと疲れますよね。これは携帯電話もネットサーフィンしているだけで、脳は選択を毎回迫られているので、非常に疲弊していっているのです。
なので暇な時間があるからと携帯電話でをいじり続けるのは脳に選択を迫るという過酷なことをさせていることになります。
今すぐネットサーフィンを繰り返すのは控えるようにしてください。
携帯への依存が脳を刺激し、睡眠の質を低下させるとともに、寝ても脳が回復しないと言う負の連鎖を生み出しているのです。

運動不足の脅威

運動不足が気になる人って異常に多いですよね。
仕事を始めてデスクワークになって、運動不足になったと言う人も多いのではないでしょうか?
運動をする時間が取れないから運動不足になっていると言う人も多いですよね。
運動不足になると筋肉量が低下して、血流も悪くなり、全身の老廃物を排出されなくなり、体にどんどん毒素が溜まっていきますよ。
この運動不足も1日7秒あれば、解消できるのです。
以下では上記3点で挙げた解消法を紹介していきたいと思います。

携帯電話から脳を守る
簡単エクササイズ

脳の疲労ってなかなか取れないですよね。
そんな脳の疲労もあることをするだけで簡単に解消することが出来るのです。

単純な運動こそが脳を回復させる

椅子に腰掛けた状態で、指を親指から一本ずつ折って同時に5まで数えていき、
小指まで行ったら親指を起こすまで5まで数える。
これを、1分間つづけるだけでも脳は簡単な動作を行うことによって、
脳は簡単にスッキリさせることができます。

食事の正しい摂り方

先ほども記載した通り、食事は握りこぶし半分の量とおかずは7品目が理想であると伝えましたが、
ご飯の量は減らせても、おかずを7品目もつくれないというひとは多いですよね?
食事では消化に一番体力を使います。
そんな消化に体力を一番奪われない食事の正しい撮り方を紹介します。

おかず自体を増やす必要はない

おかずを7品目と書きましたが、栄養のバランスを考えるなら、
ご飯(握りこぶし半分)、おかず一品に、味噌汁この三点が日本人には最適で、非常にバランスがいいのです。
これに7品目の具材を入れるのが一番理想的なバランスのとれた栄養の量なんです。
味噌汁はきのこ類や、野菜など非常に多くの具材を入れることができますよね。
その利点を生かして、少量づつ、多くの具材を食べるようにしてください。
そうすることによって添加物の摂りすぎも自然と解消されるのです。
初めは物足りないと思いますが、この食事を続けていると、消化で無駄に体力の消耗がないので、非常に体が疲れにくくなっていくのが感じられます。
2週間は最低でもトライしてみてください。

運動不足解消法
1日たったの7秒でいい

 

運動する時間がない、これは言い訳でしかありません。
健康的に標準的な運動量を確保するには、
1日に一度、全力でその場で走る動きを必ず全力で7秒間行なってください。
初めて行う方は必ず息切れします。
血圧が上がりすぎないように注意

なぜ4秒だけでいいのか?

どれだけトレーニングを積んでも人間は100%の力を出力し続けることが出来る時間の上限は7秒と決まっているのです。(ウサインボルトでも)
なので1日7秒腕ふりと太ももをあげる動作を同時に全力で行うだけで

標準的な必要体力は、無理することなく自然とついていくのです.

科学的根拠に基づいた運動を積極的に取り入れることによって、必要な体力を手に入れることが簡単に出来るのです。

最後に

今年の夏も非常に暑いですので熱中症にはお気をつけください。
体が元気だからこそ最高の生活を送り休日もバイタリティMAXで過ごすことが出来るんですよ。
食事、睡眠、運動を正しく行なって今年の夏も乗り切りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA