評判どおり最悪?エアコンサポートセンターで追加料金を請求されそうになった

引越し業者は引越に伴う者の移動や、設置に関しては引越し料金に込みになっていますが、エアコンだけは別料金になっています。
引越し時に使うエアコン移設業者で有名の「エアコンサポートセンター」はどのような業者なのかを実際に使ってみたので動画で作業風景と共に実際にどんな工事をする業者なのかをみていきたいと思います。

ほんとに最悪なの!?引越し侍エアコンサポートセンターの評判はどんなもの?

 

エアコンサポートセンターと検索するとセットで出てくる検索ワードの中に「最悪」という声が多く見受けられます。
引っ越しの時に必要となってくるのは引っ越し業者だけではありません。

エアコンの取り付けや取り外しを担当する専門の業者や不用品買取などをしてくれるリサイクル業者も引っ越しにおいては重要な役割になってくるのです。

引っ越しにおいてエアコンの取り外しや取り付けは別料金になっているのでエアコンを取り付けるのであれば専門業者を呼ばなければなりません。

エアコンサポートセンターでは、 各地域のエアコン専門業者と直接提携しているので安くエアコンの最安値の取付&取外しの工事を行ってくれるのです。

エアコンサポートセンターは引っ越しにおけるエアコンの取り付け取り外しにおいて有名な業者になっております。

「エアコンサポートセンターは最悪」などの声がよく見受けられますが本当にそうなのか?

エアコンサポート悪い口コミ・評判

エアコンサポートセンターは現場に来る業者によって、値段を釣り上げようとするそうですね。

いくろー
エアコンサポートセンターは良心的な感じでホームページに書いているが、詐欺行為に近い。
取外しと取付合わせて1台1万円を切る価格でやるというが、
取外し業者に2万円現場請求され、取り分の少なくなった取付業者は、
ガス管劣化を理由に取り付けられないと言い、
1台1万円強の追加料金を請求し、金がないから帰るという。

結局、引越し業者が運んだ3台のうち2台は
取付拒否されたため、廃棄する以外になく、廃棄料込みで1台取付に3万円取られた。

最悪な気分

エアコンサポートセンター口コミ
業者乙w」「ステマ乙w」とまでは言いませんが、
リフォーム業界で勤められているとあり、リスクを説明しないのは
サービスを提供する側の立場としてはどうなの?と思いました。
それが正しい姿勢なのかな?と。
追加料金が発生することを伝えるのは、当然だと思いますがね。

口コミをみても追加料金を請求する業者とも実際に契約をしているそうですね。

ですが、いい業者、親身になってくれる業者もいるみたいなので低価格で設置までを行ってくれるようです。

 

引越しの際のエアコンの取付・取外しはどうする?DIY?業者?

エアコンの取外し取付をDIYで自分でしようと考えておられる方は、結論から言いますが、

確実に失敗します。

なのでやめたほうがいいでしょう。

エアコンの取外しは自分でもできるかもしれませんが取外し時に適切に行わないと取付時にガスの補填が必要になったりと、お金のかかることになるので取付と取外しはセットで、業者にお願いしたほうがいいでしょう。

エアコン設置工事(取付・取外し)には追加料金がかかる場合がある。

 

エアコン以外の全ての電化製品は引越し業者によって無料で設置までを対応してくれると認識していていいでしょう。

ただしエアコンだけはどの引越し業者で依頼しても確実に別料金で有料となっていますのでお気を付けください。

引越し業者にエアコンの取り付け取り外しをお願いすると引越し屋の下請けの電気屋が来るので 予算としての費用は2万円以上を覚悟しておいた方がいいでしょう。

引越し侍エアコンサポートの取外しと取付であれば、個人のエアコン設置業者を社員として雇用することによって、下請けを通さないので格安でエアコンの取付や取り外しを行ってくれます。

エアコン取付に追加料金がかかる部分

エアコンサポートセンターの取付業者が来て次の2点についての説明を受けました。

  • エアコンのホースが2年以上経過している場合は取付時に折れるので新品に交換させてほしい。(2mまでは追加料金なし)
  • エアコンのホースを交換しないのであれば取付時に折れれば自動的に210工事になるので金銭発生するとのこと。(僕の場合は3mの長さが必要であったので追加料金1万2千円と言われる)

見積もり時点で取付に3,000と聞いていたのですが取付のホース交換に9,000円と言われて僕はキレました。

合計9,000(税抜き)としか説明を受けていないのにも関わらず、取付だけで12,000円との話が始まったのですから。

エアコンサポートセンターで追加料金を請求されそうになったら?

 

エアコンサポートセンターで追加料金を請求うされそうになった場合に僕がとった行動について詳しく説明します。

①エアコン取付の追加料金を取られないためには取外し時にこの一言を言っておくようにしましょう

エアコンの取外し前に次の移設先のエアコンの位置を明確に伝えて長さにおいて、このホースにてそのままの料金で追加なしで取付できますか?と、外しに来た業者にこの一言を確認しておきましょう。

エアコンの取外しにおける所の注意点はほぼありませんので取外し時点に追加料金がかからないのであれば外しますと伝えておク必要があります。

なので、この一言を作業される前に忘れずに確認しておきましょう。

質問君
外した物をホースの長さなど、今のものをそのままで追加料金なしで次の場所にこのままつけられますか?(次の取付位置&高さを伝える)

そうすることによって業者側から、取付に追加費用がかかるなどと言う確率はほとんどありません。

エアコンサポートセンター取付工事で追加料金を取られない秘訣

エアコンの取付に来る業者は取付を3,000円でなんて工事するはずがありません。

霊感商法のように取付に新しいものを使わないと故障しますと言うのは目に見えています。

そこで、①で確認した項目についての話を取付業者とエアコンサポートセンターに事前説明を受けていないことをきちんと話をしてください。

事前に説明を受けてないにもかかわらず追加料金を取り付け工事当日になって請求してくるのははっきり言っておかしいですよね。

なので取り外し工事の時に取り付け時にそのままの施設をできるのかどうか確認しておいた旨を取り付ける業者にまず話をしましょう。

そしてその後にエアコンサポートセンター本部に取り外しの業者が追加料金はかからないと発言したということをクレームではなく事実として伝えましょう。

その事実を伝えた所エアコンサポートセンターの作業員に絶対にホースを折ることなく作業を完了するようにと伝えられたと取付の業者から言われました。

なので僕はエアコンの取り付けを追加料金なしで9,000円で移設を行うことができました。

 

 

引越し侍のエアコンサポートセンターで一括見積もりから始めよう




エアコンサポートセンターであれば、無料で見積もり、金額が安くなる日程の相談などを行うことができます。

これからエアコンを移設しようか悩んでいる人は、この記事の通りエアコンんサポートセンターに騙されて追加料金を取られないように話を進めれば、最安値でエアコンの移設を行えます。

無料見積もりをしていただけた方はこののまま次に進んで料金を高額にされない方法を覚えてください

引越し侍のエアコンサポートセンターで取外しで追加料金を取られない方法

 

エアコンサポートセンターで基本費用が安いからと、安心してはいけません。安心しきっていた人は追加料金に屈して、悪徳業者だのと騒ぐことになってしまいます。

エアコン取外し時の注意点

エアコンの取外しにおける所の注意点はほぼありませんが、外しに来た業者にこの一言を確認しておきましょう。

質問
外した物を追加なしで次の場所にこのままつけられますか?

 

 

引越し侍のエアコンサポートセンターを安心して使える人の条件

エアコンサポートセンターでのエアコンの取り付け取り外し氷を安心して依頼できる最安値で確実にやってもらえる人の条件は以下の3つになります

  • 購入を1年以内のエアコンを移設する方
  • ドレンホースを新品のものに入れ替えてから2年以内の人
  • 移設先のドレンホースの長さが足りている方

この2点に当てはまる方は追加料金を取られることはほぼないと言えるでしょう。

まとめ

今回の記事では腰侍が運営するエアコンサポートセンターに関して追加料金を取られずに工事を進めていく方法をご紹介しました。

エアコンサポートセンターは最安値の移設業者を紹介してくれるので追加料金を取られないように気をつけながら交渉し最安値で移設を行えるようにするのが理想と言えるでしょう。

今回僕の移設工事に来た業者も利用者だったとは言い難いですですが、中には優良な対応をしている業者もきちんと存在していると認識しております。

エアコンサポートセンターを使うにあたって悪質な業者に立ち向かうべくひとつずつの証拠を集めながら話を進めていくことができれば最安値で移設が可能になるのです。

そもそもエアコンを移設するにあたって、追加料金を取られないと考えてみるのもどうかと思います。

業者は始めから追加料金を取る前提で最安値の金額を提示してきているのですから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください