夏の一大イベントはもうすぐだ。2018年夏を最高の思い出にするイベント

もうすぐ8月ですね夏と言えばなんでしょう、海、花火、いろんな楽しいことがありますよね。
今日は友達と星を見に行った時にちょっと得意げに話された流れ星についての話をしちゃいます。
8月といえばお空に太陽の流れ星が流れる一大イベントがありますよね。

花火?

チガウヨ!!

そうです答えは流星群です。

しかも、ペルセウス座流星群です!

ペルセウス座流星群とは?

ペルセウス座流星群とは簡単に言えば流れ星の大群ことです。
ペルセウス座流星群とは毎年8月の12日13日ごろに中心に活動する流星群のことをいいます。
毎年この流星群が全国な築地で見られるとニュースを目にする人も多くないですか?
今日はそんな流れ星を確実に見る方法を教えちゃいます。

ペルセウス座流星群を見れば願いが叶う?

流れを星を見れば流れ星が消えるまでの間になるほど3回願い事を言えたら夢が叶うってやつ、ありますよね?
あれをあなたは信じていますかぼくは信じているから、この年になってもいつも流れ星を見ると口には出しませんが心の中では願い事ばかり唱えています。

流れ星はあんなに綺麗なのに正体は?

流れ星って一瞬だけどずっと心に残るような輝けとしてるよね。
そんな流れ星を見てると誰でも心がうっとりとしちゃうよね?
いきなりだけどここで質問しちゃうよよーく考えてね

流星の大きさってどれぐらい?

①バスケットボール
②1円玉
③ソフトボール
④石の塊
皆はどれだと思いますか?
大きい空にピカッと光るながれ星。あなたの予想はどんな大きさですか?

正解は?

1円玉!


そうなんです。流れ星って実は1円玉のサイズぐらいしかないんです。
流星って空ではあんなに大きくきれいに光り輝いているのに1円玉くらいのサイズしかないなんて僕も初めて聞いた時は驚きました質問の中にバスケットボールと言う答えがありましたが、実際にバスケットボールのサイズのものが空の上を流れているとその上で消えきれずに地球にぶつかったら直径6キロぐらいのあなが地球にあくでしょうね。

一円玉サイズの流れ星の正体は〇〇だった


だからって実際に1円玉が空を飛んでるわけじゃないんだよ。
1円玉が空からいっぱい降ってきたらいいのにな、なんて書きながら空からお札が降ってきていることを想像している僕はあわててお金を集めちゃいます。

じゃあ何が光っているのか?


もうお金じゃないってことぐらいわかりましたね。
実は空に光っているあのながれ星の正体は宇宙のゴミなのです。
宇宙のゴミといっても、街中に落ちているようななごみの大きさじゃなくほんとにね、1ミリにも満たないようなほこりの塊がそらで光っているのです。

宇宙でなんで埃がでるのかな?


宇宙は真空状態なのにほこりが出るなんておかしいと思いませんか?
宇宙のほこりといっても、そのほこりは月の綺麗な夜によく見える夜空に光る星の残していったほこりなのです。
星のほこりが宇宙を漂っているうちに地球の大気圏内に流ひかるだけれ込み流れこんだ瞬間に地球の古典て公転に擦り上げられて、もえつきますその燃え尽きた光こそが、皆さんがわざざみにいっている流れ星の正体なのです。
今までわざわざ好きなひとや彼女と宇宙のほこりを見にいっていたなんてちょっとがっかりじゃないでしょうか?
それでもやっぱりきれいな流れ星が流星群のペルセウスってなんだと思いますか?

ペルセウスとアンドロメダの愛


ペルセウスとはギリシャ神話に登場する英雄のことです。
プロセスウスはダナエというお母さんから生まれた。子供が大きくなって旅をしているところ、アンドロメダと言う生贄にされている美しい女性と出会ったのです。アンドロメダを殺そうとした人物を倒すべく戦ったペルセウスは戦いに勝利しアンドロメダとしあわせになったといわれています。
ペルセウスは愛する人守るために戦った勇者として、今でもこの夜の星に光輝いているのです。
ペルセウスの物語を思い浮かべるとなんだか素敵な気分になりますよね。

ベルサウス座流星群を見るには

ペルセウス座流星群は3大流星群とばれるものの1つで毎年確実に夜の星に輝く流星の大群でとても観察しやすい流れ星です。

どうやったらペルセウス座流星群を見れるの?


ペルセウス座流星群を見にいくには持ち物は何もいりません。
ただし時期と場所にだけは気をつけてください。
時期は毎年ペルセウス座流星群の1番多くなる時期、つまりいちばん流星群が多くなる時間帯があります。

2018年ペルセウス座流星群の多くなる時期

2018年は8月13日の午前10時ごろと予想されています。
午前の10時だと明るくて何も見えないそう思った人も安心してください。
午前10時に1番ペルセウス座流星群が多くなるということはその前の日の12日の夜から流星群は光り輝く準備をしています。
なので、12日の夜中と13日の日が暮れてからが狙い目になってくるでしょう。

どんな場所を選べばいいの

どこでも見える流星群ですか、街中で見るのはあまりおすすめしません。
街なかで見てしまうと、周りの街灯や家の灯がとても邪魔になってしまうからです。
流れ星はほんとうは、月の灯でさえも美しさを損ねてしまう、とても繊細な光なのです。
なので人里離れた暗い場所に行くのをオススメします。
そして双眼鏡や望遠鏡を持っていくことはやめて下さい。

流星群は流星群として見るからこそ美しい

肉眼で流星群が現れる時間に空をぼーっと眺めていてください。
きっとたくさんの流星群が、あなたの前に降り注いでくれることでしょう。

流星群を見に行くあなたに

あなたにきれいな流星群が見れることを私は心から願っています。
そして最後に、あなたが今年いちばん叶えたい願い事と大切な人を連れて行くことを忘れないように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA