【初心者でも簡単キャンプ】キャンプ失敗あるある

本日はキャンプから帰ってきたので、
キャンプの失敗あるあるその失敗を改善すべく対策方法と小技を紹介したいと思います。

キャンプ初心者は忘れ物が非常に多い

キャンプ初心者にはなにかしらの失敗は必ずあるものです。予期していなかったことがキャンプ中に起こり、慌ててしまうことが多々あります。

せっかくのキャンプでそんな最悪な体験をしないために、キャンプに初めて挑戦してきた人からよく聞く“キャンプ初心者失敗あるある”とその時にどんな対応が理想かの対応策を考えてみました!初心者キャンパーの方はご参考までに、ベテランキャンパーの方は「初めての時はそんなことあったなぁー」と思い出しながらご覧ください!

テント忘れた

そんなもの忘れる人はいないでしょと思ったあなた、
キャンプの準備で小物や服など入念に準備した結果テントを忘れてキャンプ場まで行って時すでに遅し、青ざめしまう人も少なくないようです。
キャンプに行ってテントを忘れるようなことのないように注意して下さいね。

<対策>

テントを忘れてもいいように、初心者キャンパーは、多少お金がかかっても、貸出テントがある、管理棟のあるキャンプ場をえらぶほうが、忘れ物をした時にも安心してバーベキューも、キャンプも楽しめると思います。
そして、キャンプに行くのに道具を買い揃えるのは大変だっていう人は、キャンプグッズレンタルサイトで、先に必要なものを予約しておいてキャンプ場近くの物流配送センターに届くようにしておくのもオススメです。
これなら絶対にテントだけでなく必要なものを忘れる心配はないですよ。

服の準備を忘れた

夏のキャンプって暖かいと思って軽装で行く人が多いと思いますが、標高が高かったり雨が降ったりすると、夜になるとかなり冷え込むことが多くあります。
そして、朝までぐっすり眠れなくて、風邪をひいたって話もよくあります。

<対策>

暑い時寒い時に時に備えて、暑い時は、カッパや、ナイロン製のジャージを持って行くことをお勧めします!
寒い時はブランケットを一枚でも持って行くことをお勧めします。

照明器具を忘れた


そんな時は積極的に調理器具を忘れることはよくあります。
そんな時は100円ショップを有効活用しましょう。
明かりを忘れた時などは100円ショップで懐中電灯を購入すれば問題は解決できます。
懐中電灯もビニール袋をかぶせて使えば意外と明るくなるのでライフハックの知識さえ調べて使えば
ランタンなども使わなくても明るくすることができるのです。

さらには寒さと暑さどちらにも該当するのですが、エアーマットレスを持って行くことをお勧めします。
地面から離れたところに寝ることで、意外と、寒さも暑さもしのいで快適に寝ることができます。

場所選びにもこだわればさらに快適に過ごすことができます。

夏の暑い日にはできるだけ浜に近い風通しの良い場所でのテントの設営をすれば暑くなればクールダウンに海に入ることもできます。
寒い日には、できるだけ周りが木に囲まれた場所にすることによって、寒い風の影響を受けなくすることができます。
そして、それでも寒い時はブランケットを体に巻きつけて寝袋に入ることでポカポカの状態で寝ることができます。

初心者のキャンパーの人はできるだけ、AC電源の取れるキャンプサイトを取ることによって、テントの中で電化製品を使い快適に過ごすことができます。テント内にアルミマットなどを引けば夏の暑さは和らぎますし、寒い時は小さいコタツなんかもお勧めですよ。

キャンプ初心者のうまくできない作業

キャンプやバーベキューでもスムーズに、準備作業をできるかによって、周りからの表も変わってきます。
そこで初心者でも簡単に準備作業を行えるコツを紹介したいと思います。
テント設営って男性の力が必要になってくると思う方が多いです。
道具とコツさえ自分に合ったものを選べば確実にスムーズな準備作業を行うことができるのです。

テント設営

テントの設営に苦労する方って多いですよね。
テントの設営コツは、風下に入り口が向くようにテントを組み立てて行くことです。
その点を抑えれば、設営するようにすれば風の影響を受けにくく、簡単に設営を行うことができます。
どうしてもポールを組むタイプのテント設営をできない方は、ワンタッチで紐を引くだけのファミリーサイズのテントもあるので有効活用してみるのも良いかもしれません
テントの購入は楽天が一番安いのでお勧めです。

火起こし

火起こしが一ぱっで決まらない時ってみんなからの目が冷たいですよね。
火起こしのコツは棒状にした新聞紙を写真のように三角形を作って三段ほど積んだ上に炭をかぶせることによって、
確実に一回で火をつけることができます。
いつも火起こしがうまくいかない方はこちらの方法をお試しください。

初めはみなさんがキャンプ初心者、何度もキャンプをすることでレベルアップできる

初心者キャンパーにはいろんな苦労があると思います。今回、紹介したほかにも、それぞれの“失敗あるある”があると思います。
でも一度の失敗でキャンプをやめないでください。
誰でも最初はキャンプ初心者なんです。
ベテランキャンパーの方たちの多くが同じ失敗経験をしてきています。

キャンプは経験こそが力になります。
失敗を通して、いろんなサービス道具を使いこなせるようになれば快適なキャンプが過ごせるようになってきます。
初めてのキャンプから無料キャンプサイトを使うことで多くの学びを得ることもできます。
キャンプでは自分たちの工夫次第でいろんな楽しみ方ができるので、わざと過酷なキャンプから挑戦してみるのも良いかもしれません。

失敗を恐れず楽しんで創意工夫のキャンプスタイルを作り上げてみてはいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA