長崎県【佐世保】で釣りをするなら小佐々方面が良型ポイントだったぞ!

ドモ!

障害者サラリーマンのこうディーです。

今回の記事では九州長崎の佐世保に釣りに行こうと思っているがどこで1番釣れるのか気になる方が多いと思います。

僕が長崎に帰省した時に

必ず行く

長崎の釣り場で釣果の上がりやすい釣りポイントを紹介します。

年末年始みなさんは何をしていましたか?

僕は毎日釣り三昧です。。。笑

『佐世保 釣り』

『小佐々 釣り』

などのキーワードをググっているということは長崎の佐世保に釣りに行く予定があることでしょう。

佐世保で釣りをする際に場所の選び方や、オススメのポイントまでを一気に紹介していきましょう。

1:佐世保で釣りをするなら水深の深い場所を選ぶ

近場で釣りをしたい気持ちはわかります。

ですが、釣りをする場所を選ぶときに抑えておきたいポイントは釣り場の水深です。

水深があれば大物を狙うにもアジなどの小魚を狙うにもどちらの釣りでも楽しめるからです。

佐世保だけではなく、水深のある釣り場は足場が高い場所にあることが多いので、足場が高い釣り場であれば糸を巻き上げる量が多くなってしまいます。

子供などには大変ですが自分で竿を扱える年齢の子供であれば引きを楽しむさびき釣りをすることも可能です。

2:潮通しのいい地形を選ぶ

佐世保の海岸線沿いは『リアス式海岸』と呼ばれており入り組んだ地形になっているため大潮などの潮の動くときはどこでもサボドの釣果に違いはないのですが潮の動かない日には魚影が一気になくなります。

なので、地形から潮通しの良いポイントを選びましょう。

なぜ潮通しの良い場所を選ぶべきなのか?

佐世保市の南には漁港がおおくつりやすいのですが、奥湾になっているので潮通しがあまり良くありません。

潮通しがよくない=様々な魚種がいない。

子供はアジの引きだけで楽しめますが、お父さん達は子供にいろんな魚を見せてあげたいと思いますよね。?

上記のことから潮通しの良い場所を選ぶようにしましょう。

佐世保の水深のある潮通しの良い釣り場3選

それでは佐世保市で潮通しの良い釣果の上がりやすいポイント3選を紹介していきましょう。

佐世保市でも数少ない水深がありさらには潮通しの良い釣り場は???

1:深浦漁港(魚種:クロ:メバル:ヤズ:カサゴ:鯛:アオリイカ)

深浦漁港

深浦漁港の情報

水深約10m
潮通し堤防先端は良好
足場良い

深浦漁港の釣りポイントは佐世保市の西の鹿町の近くにある日本有数の

『いりこ』

の生産業者の

『鳥羽水産』の工場の漁港内から伸びる堤防になります。

漁港では堤防内にサビキを落とすだけでメバルやコッパクロ、カサゴなど五目釣りを楽しめます。

僕がアオリイカの泳がせ釣りをしていた時も横にお父さんと来た5歳くらいの子はメバリングをしていました。笑

水深も12m(満潮時)はあるので、根がかりの心配はいりません。

上記写真でマークしたポイントは堤防下は人工石を入れてあり、

5m先は天然の磯になっているため沖向きの釣りであれば棚は6ヒロ位でも大丈夫でした。

天然の磯には30センチを越えるクロもたくさんいますので是非狙ってみてください。

2:神崎鼻(魚種:クロ:アオリイカ:ヒラマサ:鯛:カサゴ)

神崎鼻の磯 神崎鼻磯降り場

神崎鼻磯の情報

水深約15m(沖目)
潮通し磯:裏手の漁港も良好
足場磯(悪い):漁港(良い)

神崎鼻は日本本土の最西端の地として観光名所になっています。

最西端スポットの手前の階段から磯へ降りていき釣りをすることができるので、子供と一緒でなく一人で大物を狙いたいのであれば、オススメのポイント。

子供と一緒の場合でも館長の時刻を狙えばタイドプール(潮溜り)にて磯生き物探しなどもできるのでオススメです。

釣りだけでなく、子供と一緒に遊べるポイントなのが嬉しいところです。

3:九十九島湾大崎防波堤灯台(魚種:クロ:アオリイカ:ヒラマサ:鯛:ハマチ:アオリイカ)

大崎灯台波止

大崎防波堤灯台の情報

水深約20m(満潮時)
潮通し非常に良い
足場非常に良い

佐世保市大潟町にある、九十九島大崎防波堤灯台は潮通し水深も全てにおいて文句なしの1級ポイントです。

大崎防波堤灯台は水面から5mくらいあり、高いですが足場も非常によく、長崎で有数の水深がある。

満潮時には20mに届くくらいの水深があるため飛ばしのカゴ釣りなどで、大物を狙いたいところです。

水深がかなりあるため、道糸からのリーダの長さを7ヒロくらいに設定するとちょうど大物の潜む中層を狙うことができる。

ただし大崎防波堤は足場の高さ水深によって、釣りの上級者にむいているポイントである。

仕掛けを自分で作ってチャレンジできる方には是非訪れてもらいたいポイントである。

まとめ

2019年は釣りがしたすぎて大阪から5回も帰省してしまったのである。

そんな中でより大物を釣りたいとの欲望からつい釣りにのめり込んでしまったのである。

そんな中大物が釣れさらには安全に楽しめる釣り場が長崎佐世保にはあるので子供のいる方も是非足を伸ばしてみて欲しいものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください