【在宅ワーク】障害者でも誰でもできる仕事を考えてみた。

どうもこんにちは コーディーです。

今日は少し前置きが長くなりますがしばしお付き合いください。

僕がブログを始めた理由

障害者の僕は、アルバイトで100社以上面接におちた経験があります。

スーパー、ネットカフェ、コンビニなどなどとにかく受けまくった全てのアルバイトに落とされました。履歴書の写真代だけでいくらかかった事かと今思うとゾッとします。
面接の落ちた理由として、片手が動かないこと。

片手が使えない人間をわざわざ雇う会社なんてなかったのが現状でした。

その中で自分はどんな仕事ならできるのかを考えた結果こうして僕は、ブログやインターネットの仕事副業としてをおこなっているのです。
現代では、インターネットの普及により、サービス業でも、対面販売から、インターネットを経由して物の売買を行う様になっています。

企業でも「リモートワーク」
という、通勤せずに自宅から仕事を行う形をとっている企業も多くあります。

出勤しなくても遠隔で仕事をできる時代になっているのです。

そこで今回は在宅の身体障害者や病床にいる方でもできる仕事の種類を6個選出選出してみました。

障害者や病床にいる方など誰でも簡単にできるものから

IT系スキルを持っている方向けの仕事までご紹介していきます。

少しでも興味を持ったのであればすぐに始めれば始めるほどあなたの力にもなりますそして財産にもなります。

あなたの働き方に対する、選択肢も広げることができるので
参考にしてもらい少しでも障害のある方と共に活躍できれば幸いです。

アルバイトの面接だけで100社断られて気付いたこと

一般の人ができること(誰かに雇われて労働すること)ができないことに気づいた、それならば誰でもできないこと(IT関係)を仕事にしようと考えた。

障害者は雇われないといけない仕事には向いてないということであった。

接客業は客を不快にさせる様な店員を配置できないので、コンビニなどの仕事も絶対に無理であった。

どんな面接を受けても初めからどんな仕事ならできるの?

とおきまりの質問がやってくる。

そして最後には

それじゃあうちじゃなくてももっといいところがあるよ

この言葉は今でも心に焼き付いている。

なのでそんな人たちを超えるべく

同じ障害がある仲間たちもできる仕事について紹介していこうと思います。

タイピングはできるけれど、難しいことはできない人向け:在宅ワーク

タイピングはできるけれどもプログラミングなどはできないという方がほとんどだと思います。
まずは初級編として、簡単な作業の仕事を紹介していきたいと思います。

仕事1: データ入力代行

仕事内容

・企業名刺の入力作業代行
・決められたの書式への数字・文字入力作業
・TV番組の詳細情報入力
・ネットショップなどの商品管理のデータ入力

在宅ワークで一番簡単な仕事としては、データ入力の代行でしょう。
これらの業務に必要なスキルはOfficeのソフトを使えることくらいです。

Word
Excel
PowerPoint
Access

などOfficeのスキルがあればほとんどが誰でもできるものです。

Officeのスキルさえないという方でも大丈夫です。
そのスキルがなくてもタイピングさえできれば、問題ないです。

仕事を選べば在宅ワークの種類はたくさんあります。

データ入力の仕事で多い仕事内容はというと、
名刺などの顧客情報の管理表への入力
顧客の住所データの入力間違いがないかの確認、訂正
ネットショップの商品管理
企業ホームページなどの情報の入力
情報入力
表の打ち込み

などのような仕事になります。

少しはパソコンもいじれる人向け在宅ワーク

仕事:2 メルカリなどでの商品売買

仕事内容

・メルカリなどで商品を仕入れる
・そしてそれらの、商品を別サイトにて転売する。

こちらの仕事は完全個人事業主となるので、大変な仕事になりますがアマゾンへの出品などにすれば、面倒な梱包作業の手間を省くサービスもあります。
保管費用はかかりますが(微々たるもの)在庫も自分の倉庫を構える必要もなく、注文と同時に自動発送されるのでパソコンで注文状況によって、管理の作業をするだけで済みます。
初期費用は少なくとも必要ですが、利益率を考えて商品販売をすることによってノウハウも蓄積されていきある程度のコツを掴めば、それらの業務で、確実に利益を出していけるでしょう。

暇を持て余している人向け在宅ワーク

仕事:3 ポイントサイト

仕事内容

・スマホを使って、アンケートに答えてる
・サイトで決められたゲームなどしてポイントを稼ぐ

ポイントサイトを使うことも簡単なお仕事になります。
お小遣いサイト(ポイントサイト)といって、アンケートに答えたりすることでポイントがたまり、そのポイントを
現金やAmazonギフト券・楽天ポイントなどに交換してくれるお小遣い稼ぎサイトがあります。

これは障害者の方でも、普通にスマホさえ触れれば簡単にお金を稼ぐことができます。
これといったスキルも必要なく、非常に簡単な方法でネットを通してお金を稼ぐことができます。

ポイントサイトのみで、月に数万円を稼ぐ主婦もいますし、
アンケートサイトなどであれば腐る程答えるものがあります。

アンケートサイトやポイントサイトなどは、無限に継続的に収入を得られる方法だと思います。

僕も一時期ポイントサイトにハマったことがあり、その中で一番稼ぐことができたポイントサイトは

以下になります。

ポイントサイトWARAU

このポイントサイトは遊びながら簡単にお金を貯めることができます。
暇つぶしにゲームをしているだけでお金が入ってくるなんて夢の様なシステムです。



かなりパソコンを触れる人向け在宅ワーク

仕事:4 動画編集

動画編集とは、結婚式の余興に使う動画や、自社の商品宣伝に使う企業動画など様々なものがあります。

今では小学生ユーチューバーも多くいるくらいです。
大人は動画編集作業に時間を取られたくないので現代では、数多くの動画編集の需要が飽和状態でしょう。

・MacではiMovie
・Windowsであればムービーメーカなど、無料で使用できる動画編集ツールがあります。
それらのツールさえ使える様になれば、仕事の依頼をココナラやジモティーから受けることもでき、ビジネスとして全てをインターネット経由で完結させることができます。


ココナラであれば動画編集のみならず、自分の得意とすること全てが商品になるので登録して、〇〇の仕事を代行しますと書いておけば、かなりの仕事量を手に入れることができると思います。



仕事:5 デザイン画像作成・名刺作成

デザイン画像作成

デザイン画像の作成の仕事は自分で色々な模様を作ることが好きな人にとても向いています。
企業や個人の人が希望するデザインなどをPCで作成して、データとして販売することによってお金を稼ぐことができます。

名刺作成

名刺作成もデザイン画像作成と同じで名刺の原案データを作成して、名刺会社や個人の人にデータとして販売することができます。
この2つの仕事は一度作ったデータさえ蓄積していけば使い切りではなく、なんども使いまわして販売することが可能になることです。それらは自分の資産となって、ネットでの営業努力次第では、普通のサラリーマンよりお金を稼げる様になるでしょう。

仕事:6    HP作成代行

HP作成では
・HTML
・CSS
・PHP
・javaScript
PHP

などの高度なwebスキルが
必要になってくる仕事ですがかなり、高単価な案件も高いので、スキルがあれば、
それだけで独立できるほどの収入を得ることはできる可能性が高い仕事になっています。

この仕事はプログラミングを学ばないと難しい仕事ですが、プログラミングを学ぶのにとっておきの方法を紹介しています。
なのでそちらを参考にしていただければと思います。

プログラミングを学ぶ前に実際に自分でホームページを作ってみるとどんなものなのか自分にできるのかの判断ができると思います。



在宅ワークの魅力

上記で紹介した仕事は興味を持ってやろうと思えば誰でもどこからでもできる仕事であることです。
自分の体ではできることに限界がある方でも口さえ動かすことができれば、ライティングだって音声入力でできます。
なのでトライアンドエラーは必ずありますが、面接100社以上落ちて自殺を考えるよりかはよほどマシです。

在宅ワークのデメリット

在宅ワークのデメリットは、自分の顧客になる人と直接顔をあわせることがほとんどないので、障害があろうとなかろうと、仕事のスピード感については徹底して求められます。
そして、自分の収益についてある一定の額を超えた場合は自分で確定申告をしないといけなくなります。

障害者でも活躍できる

ネットワークが発達したいま、どんな人でも努力次第で自分の生活を豊かにできる。
自分にしかできない働き方を見つけて自分も一緒に頑張りたいと思う。

特に障害者の方は在宅で仕事を供給してもらえ、給料も手にすることができる。
そんな環境にいることを活かしましょう。
在宅されている方は、時間を資産に変えましょう。

今回は一緒に頑張る仲間がいると信じてこの記事を書きました。

これからも障害者サラリーマンをよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA