駆け出し雑魚ブロガーがtwitterフォロワーを1週間で5,3倍にできた方法

こんにちは。最近ブログ用のツイッターアカウントを作ってはじめフォロワーが全然いなかったにも関わらずここ数日毎日3人のフォローワーが増えて行くようになってやっとたのしいと思えるようになってきた障害者サラリーマンのコウディーです。(@koudaiman0601)

今日は僕がどうやって一気にツイッターのフォロワーを増やすことができたのかを紹介していきたいと思います。

 

 

ツイッターは社会への露出に最も効果的なツールだった

 

今年8月中旬まではツイッターの情報発信力はすごいと理解しつつも、

自分がつぶやいても反応すらされないので全くたのしいとは思ってませんでした。

2018年8月中旬時点のぼくのフォロワー数は12人。これじゃブログとリンクしても意味ないですよね。

レスも来ないし、正直ツイッターのフォロワーを購入しようか迷っていました。

そして嬉しいことに現在のフォロワー数は64人。この1週間で5.3倍という超スピードでフォロワーを増やすことができています。

まさかフォロワー買ったんじゃないかと疑われることを恐れています。

フォロワーが増えた理由は自分ん障害を生かして(障害を持つ人たちが多く集まるツイッターのメンバーとダイレクトでコミュニケーションをとったことでした)

ここで僕は何をしたか、ダイレクトメッセージ同じ悩みった価値観の共有をしただけです。

ぼくはみんなの心のこもった情報発信にのっかっただけ。

自分が狙ってフォローしてもいないけれど、タイムラインからみんなのいろんな気持ちがいっぱい伝わってくる。

実際にフォロワーが増えると嬉しいんですが、ただただフォロー増やすのもどうかなと正直思ったりしました、でもそんな心配は無用でした。

諦めかけていた前の自分に喝をいれてあげたいくらいです。

そこで今回は僕がツイッターのフォロワーを増やすためにとった行動を紹介していきたいと思います。

相互フォローは最高効果抜群!

相互フォローでフォロワーが増えたことで自分のツイートにレスが頻繁にもらえるようになりました。

これで「ツイッターって楽しい!」って思うようになり、ガンガン更新するようになり他人のツイートが気になるようになった。

このマインドになると自然とツイッターがたのしくなり、ツイートのペースがかなりあがります。
いままでは1日で多くても1ツイートだったのが、1日に複数回ツイートするようになってました。

ツイッターで共感呼ぶには?

@koudaiman0601

フォロワー増やしたいなら自分のブログの更新ツイートを多くするのはもちろん必須条件です。
でも「お腹すいた」みたいな日常のどうでもいいようなことをつぶやいてるだけじゃダメですよ。
思った→何をした→こんなことになった!
この流れを踏んだツイートをすれば確実に乗っかってきてくれる人がいます。
「面白いと思ったツイートのリツイート」、「参考になったブログ記事などを概要つきでシェア」をするなど、
ツイートをタイムラインでみみたときに、自分が応援しよう、読んでみようと思うツイートをすることでした。

とにかく多くツイートしなければ意味がない

「役に立つ情報を発信しなければ意味がない」とフォロワーの増やし方を調べると絶対に出てきます。

僕は知名度が全くない時は興味を持ってもらえないツイートにもツイートする習慣をつけるために必要な事だと思います。

どうでもいいつぶやきに食いついてもらえるのは、芸能人や特定の有名人だけだとよく言われますが、
質を求める前に量がなければ誰にも相手にされなかったのです。

無理に質を求めたツイートを考えていたらツイートが続きません。
そのうちつまらなくなって、ツイートしなくなくなってしまいます。

ツイート量産するためには

何をつぶやいたらいいかわからなくなりますよね。

ツイートを量産する秘訣は、徹底したレスです。レスを徹底してすることこそが「ツイッター最高だってマインド」
になると言っても過言ではないと思います。
他人を応援するレスで自分も応援されて、そのレスのおかげでツイッターを更新することがたのしくなるわけです。

フォロワーを増やすならひとまず相互フォローで増やしていきレスがもらえる環境を作って行くのがフォロワーが人伝いに増えて行く1番の方法だと思います。

プロブロガーのフォロワーの増やし方は、初心者には難しかった

【るってぃ ツイッターフォロワーの増やし方】
これでググってもらえばわかりますが、
プロのブロガーはツイッターのフォロワーの増やし方はたくさん公開されています。

でも実際にレベルが高すぎて真似するのが難しいことも多かったです。

全部を真似しようとするのは時間的に限界がありました。

でも、役に立つテクニックが多く紹介されているので、その中で自分が挑戦してみて一番結果が出たものを続けることをお勧めします。

でもテクニックの量が多すぎて実際には、

「いっぱいありすぎてめんどくさい」

「どのコツもレベル高すぎてムリ」

と僕は思ってしまい挫折しました。
なので参考にするのはいいかもしれませんが、プロのやり方に固執しすぎるのはやめたほうがいいでしょう。

リツイートは文章にしたほうがいいねされる回数が増えた

自分自身がツイッターでフォローを増やすのに、
いくらSNSだからと言って薄い返しでは自分に好意を抱いてくれなかった。

有益な情報を多く発信することによってフォロワーに貢献する
自分の日常の様子やアイデアを書いて自身について、興味を持ってもらうそれをくり返すと自然と
ツイッターを通して繋がる人の数が増えたのでできるだけきちんと向き合ってリプをしたほうがいいでしょう。

フォロー数とフォロワー数の一意識する

自分自身がツイッターでフォロワーを増やすためにいろんな人を自分からフォローを仕掛けるのは危険です。
そうすることで、フォローがたまっていくばかりになってしまい、周りから見たときに信用に欠けけてしまいます。
有用な情報を発信することによってフォロワーに貢献することが目的なのに信用に欠ける人の情報を有益だとは感じないですよね。
なので、僕はツイッター片思いチェッカーを使っています。

これを使えば自分がどれだけの人と繋がっていてどんくらい共通項のある人がいるのかの分析にも役立ちます。

有益な情報が見つからない

有益な情報が見つからないと嘆いてるあなた。

あなたが有益でないと思った晩御飯についてだって、今晩何作ろうかしらと悩む主婦が見れば有益な情報なのです。
有益な情報かどうかを選ぶ基準はざっくり、季節などのトレンドにあったものでいいのです!
有益かそうでないかを決めるのは情報発信者でなく、情報を受け取るユーザー側にあります。
なので有益な情報がないと嘆く前にツイートするほうが賢い選択だと思います。

自然なツイッターアカウントと捉えてもらうために(怪しまれないために)

ツイートを自然に続けるために必要なものは「レス」と「使える情報を自分のタイムラインに集まるようにすること」です。

正直自分のツイートに「レス」はもらえるとうれしいです。
だからツイートの原動力になります。
そこに+αツイートする相手が絞れるのもとてもいい事です。

相手を絞る時は、自分んが一番辛い経験をした事、嬉しかった事などに絞ってターゲットを絞れば共感を呼ぶことができます。

ツイッターは積極的に狙いを持って動けばいろんな人を巻き込み大きな集団にすることができる。

コウディー自身は正直SNSは正直めんどくさいとしか思いませんでした。
でも、ブログのためにツイッターを使っているけれども、集まってくる仲間もユーチューブの為のSNS等、それぞれが、目的を持って集まるので自然と応援しあえる、
仲間ができました、この小さい渦を3ヶ月後には、SNSで繋がったメンバーとお茶会でもできるようにこれからも更新を続けていきたいと思っています。

以上がツイッターフォロワーを1週間で5.3倍にしたコツ紹介でした!

また訪問宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA