【諦めの法則】「夢を諦めたら」夢が叶うって本当?夢を叶えるために夢を捨てる

ドモ!障害者サラリーマンのコウディー(koudaiman0601)です。

夢を諦めるという事は、現実的になるという事と同じ様なイメージがありますが、夢を見ている人がやりたいことをやろうとして、口では大きなことをいっていても実際に叶えることができないのであればそれはただの夢です。

そんな夢は寝てから見てください。

僕もサッカーで、アンダー世代別の代表選手としてやってきましたが、15歳で障害者になり、サッカー選手になるという夢を初めて諦めました。

それでも何年かは、障害者になってもサッカーで活躍して生活できるようになるんだと息巻いていた頃がありました。

そんなにも大きな夢を描いていた20歳までの僕ですが、現状はというと「サラリーマン」をやっているです。

自分の夢に自分が押しつぶされそうになり夢を捨てました。

そしてブログなどの新たな出会いを数多く経験してきました。

夢を諦める決断をした・・なんていうと、夢を諦めることをすすめているように聞こえたかも知れませんが、僕はできることなら、叶えられる夢は諦めないで欲しいと思っています。

僕自身が夢を諦めたことから学んだ「諦めれば夢は叶う」法則性についての記事になります。

夢を諦めるべきか追うべきか悩んでいる人はゼヒ見ていってください。

あなたの夢はなんですか?夢が叶わない理由

composita / Pixabay

夢はなんですか?と聞かれ、すぐに答えられた思い浮かんだあなた、あなたのその夢は叶いません。

    • サッカー選手になりたい
    • 歌手になりたい


人それぞれいろんな夢があると思います。
その1つ1つの夢、全てが素晴らしいものだと思います。
ですが、すぐに思い浮かんだ夢が叶わないものであるという理由は以下の3点になります。

1:叶えたい夢が明確ではない

夢がすぐに思い浮かぶのに「叶えたい夢が明確でない」なんて意外に思われるかもしれませんが、僕が思う夢が叶わない最大の理由はこれです。

あなた自身が、叶えたい夢が夢の中で完結してしまっているから、トップダウンとしてのイメージができていないのです。

人間は、自分自身のことを案外、知らないものなので夢とはるか遠くにぼんやりとイメージはできていても、実際に自分に何が必要でその必要なものを手に入れる手段まで知らないというのが現実です。

わかっているつもりでも、言語化できてなかったり、されていなかったりするんです。

誰でもただ漠然と

  • お金があった方が良いな
  • 「仕事は楽な方が良いな」
  • やりがいはあった方が良いかな」

などの願望は持っているのですが、
これを見て気づく人は夢を叶えられます。
「仕事は楽してお金が欲しい?」
おかしいと思いませんか・
夢を叶えられない諦めるか迷っている人の多くは、夢を行動に置き換えた時に互いに矛盾します。
全ては「等価交換」に従っていないものが多いです。

その中で、あなたにとって一番重要なことは何ですかということです。

あなたは「どういう時に幸せと感じるか」、あなたが「譲れないものは何なのか?」どうありたいか。

人生の上で成し遂げたいものはなんなのか。何が大切で、それを得るために何を捨てるのか。

夢を叶えるために必要なこれらの問いに対して、真剣に考える機会は少ないものです。

2.夢を実現するための計画・手段を知らない

 

叶えたい夢が明確に決まりましたか?
叶えたい夢が見えたら次は夢を叶えるための「裏付け」と「手段」を明確にしなければなりません。
目的地がわかっていてもそこにどのように向かいますか?
地図はありますか?
さらには最短のコースで行くために

  1. 船を使うのか?
  2. 飛行機を使うのか?
  3. 自分の体1つで行くのか?


どのようにしていきますか?ということです。
そこで裏付けとなるものは主にお金です。
お金があることで人間はある程度の自由な行動ができるようになり、知識も資源も集めることができます。
ただし、お金はあくまでも裏付けの手段であるということは忘れないでください。
お金以上に「人脈」「知識」などの自分の夢にまつわるあらゆる裏付けを頭の中で整理できていればそれらは目的地まで導いてくれる地図になるので、夢を叶えられる裏付けこそが夢を叶えるための手段になります。

裏付け手段はあるのに行動ができていない

自分の中でプランは確立されているのに、夢が緩和ないのは当然です。
計画なんかは周りの人間は誰も応援してくれません。
そのプランに行動が伴うからこそ、夢は叶うのです。
1と2をクリアして行動だけができないという人も、もちろんいるとは思いますが多くはないでしょう。
多くの人が、それ以前の、夢を明確化する機会のないまま、何となく日々を過ごしているというのが現状です。
なんども言いますが夢が明確で行動している人間に応援者はついていくのです。

まとめ

夢を叶えられない人の特徴は以上の3点です。
ここでわかったと思いますが、この3点すらも自分の中で知りできていなくて夢を描いているのなら絶対に叶いません。

なぜ夢を捨てるべきなのか?

Wokandapix / Pixabay

夢は諦めれば叶うとを伝えしたとおり、夢を諦めれば叶う理由をここでは紹介していきましょう。
前提として、叶わない夢の3点に当てはまっていないかも合わせて見てください。

1:夢は変わり続け今までも捨ててきている。

あなたは幼稚園の頃の夢はなんでしたか?

僕の幼稚園の頃の夢

「僕は大きくなったらダンゴムシになる」
ことが夢でした。
この夢は当然叶っていません。

小学生の頃の夢

「FCバルセロナでロナウジーニョとプレーすること」
が夢だった。
こちらの夢も小学生最後の頃に、諦めましたね。

夢は変わり続け、捨て続けている

僕の小さい頃からの夢の数だけでも、10コじゃ収まらないくらいの夢があります。

その夢も叶わないものは全て捨ててきているのです。

多くの皆さんも今までに夢を多く変更してきて捨て続けてきていることでしょう。

夢は、日々うつろい変わりゆくもので、人間を1つのものに向かわせるエネルギーになることも事実ですがその反面として人間を虜にし、夢に縛り続けるといった側面も持ちます。

ですが、夢の本当に素晴らしいのはそれぞれの年齢にそれぞれの夢、その夢は自分の資産であるということです。

なので、1つの夢に縛られ続けていると感じるのならば、不安な気持ちはわかりますが、今すぐその夢、捨ててみてください。

「一度捨ててもあなたの心の中には死ぬまで残る資産」ですから。

 

夢の代謝するため夢を捨てなければならない

夢とはエネルギーです。そのエネルギーを代謝し続けることのできる人は夢をすでに叶えられています。

Before
「いつまでも諦めきれず、踏み出せずにいる」状態

  1. 踏み出すこと (冒険心、好奇心、楽観性)
  2. 一から始めること (柔軟性)
  3. 続けること (持続性)

    After
    「成功した」or「ダメでも次の夢へ向かえる」状態

夢とは常にトライ&エラーの連続になります。

夢をタイヤできていないということはエラーが起こってないということになりますよね。

逆に言えばトライすらしていないんじゃないか?

トライ&エラーを繰り返し続けることができないからあなたの夢は叶わないのです。

エラーを恐れるくらいなら、エラーが怖いのなら、あなたに夢を追い続ける資格はないです。

 

視野を広げるために夢を捨てる

夢とは恋愛に似ていて、人間は夢に夢中になってしまいます。

夢があることで、盲目になっている人がおおいと思います。

夢に盲目になっているのは非常にもったいないですよ。
夢中になること全てが悪いとは思いませんが、夢に夢中になるばかりに自分の視野を狭めている人が多すぎるのです。

僕自身がそうでした。サッカーに夢中になりすぎて、今では、筆算ができない。

これは生きていく上で、電卓がなければ計算ができないなどの非常に弊害ですよね。

他にも夢に夢中になりすぎて、社会での人脈も広く持てないなど、他人との関係がおろそかになってしまうなどのデメリットも多くあります。

なので、今の自分が夢によって視野を狭められているのなら、その夢はあなたの人生にとって有益なものになる可能性は低い事でしょう。

もう一度自分の夢を見つめ直し当てはまればその夢は捨てるべきです。

夢はどこまでも夢だから捨てる。【目標に変える】

サッカーの中田英寿が作文にもした「夢」ではなく「目標」という言葉。

あなたの思い描いているものは夢(DREAM)ですか?それとも目標(Gole)ですか?

夢が目標化できていないのならほぼ確実にその夢は叶わない事でしょう。

夢が目標に変わるものであれば、自分なりの進み方で1つづつステップアップできれば確実に叶います。

だからこそ夢が夢なのであればそんな夢は捨てて目標となるものを目指し進むべきでしょう。

夢は捨てて目標にするからこそ叶う

タイトルでは夢は叶うと言いましたが、夢を捨てることと同時に目標を持つことが自分を一番成長させてくれます。

夢を捨てる勇気、目標に置き換える事によって、その目標が自分をどこまでも成長させてくれるターニングポイントになる事でしょう。

夢を捨て目標を手に入れたあなたが、自分を具現化する日が来る事を祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA