【絶品??】北陸の有名らーめん店に行ってきた。

みなさんこんにちは障害者サラリーマンのコウディーです。

僕はラーメンを愛しています。
本当に心から愛しています。(なぜ二回?)
本当にラーメンが好きだからこそ、期待を裏切るラーメンには出会いたくないのです。

今回は富山県にキャンプに行ってきて、ついでに時間のあるときにラーメン屋にも回ってきました。

そこで今回はラーメンについて初めて食レポ記事を書きます。

美味しいと評判のラーメン屋二軒に行ってきての感想

美味しいラーメンは人それぞれ違うと思っていると思います。
でも、ラーメンには共通して、美味しくない店の外観と、美味しい店の外観があります。

美味しいラーメン屋の条件

美味しいラーメン屋の条件

外から見るとラーメン屋には見えないこと。
メニューの量が多くないこと
テレビや雑誌にあまり取り上げられない。
店内が広すぎないこと

北陸代表ラーメン!   8番ラーメン

 

昭和42年に生まれた国道8号線沿いに数多くの店舗を置く8番ラーメン。
北陸の人からは超絶な人気を誇るラーメンチェーンです。8番ラーメンと聞けば赤ちゃんからおばあちゃんまで、誰でもわかるほどの、超人気ラーメンチェーンです。

外観

緑の屋根に茶色の壁のラーメン屋らしくない外観のラーメン屋で、外から見ればやめとこうかなと思うような外観です。

ただお昼時になると最低でも20分んは待たないと確実に入れないくらい人が行列を作っているので、ついつい引き込まれる人が多い店であった。

メニュー数

入店直後すぐにメニューを渡され、目を通していると、
ラーメン屋なのになぜか、カレーがあるというこの異様な光景がそこにありました。
入ってまず感じたのはガストと一緒やんってことでした。
8番ラーメンの名前で売り出してはいるが、ほぼ100パーセントに近いくらい、ファミリーの客しかいない。
ラーメンファミレスが北陸のソウルフードと呼ばれているのはただのファミレスにこんなにも行列を作る理由が見つからないというのが正直な感想だった。

TV雑誌に紹介されすぎ

北陸のオススメ雑誌には確実に8番ラーメンのことが取り上げられている。
全面的にはアピールしてこないが、細かいところに目をやると店内にはかなり、〇〇に登場のようなアピールがひどい。

8番ラーメン総評

ズバリ、世の中で美味しくないと言われるラーメン屋である。
北陸人はラーメンといえば8番と下に植え付けられた記憶に惑わされ、そこまで美味しくないラーメンを週末になれば食べに行っていると思うと少しかわいそうにも思える。
ラーメンレベルは家庭用ラーメンに毛が生えたのかと思えるくらいのレベル正直今後行くかと聞かれれば絶対に行くことはない。
8番の可愛いなるとが乗っているからインパクトで人気に火がついたとしか思えない。
北陸人の舌は、8番の味しかほとんど知らないから、三世代もこぞって食べるのだろう。

ラーメンファミレスなのに客の通し方が下手であるから、混雑が起こっているだけの美味しくないお店であった。

皆さん有名だからと興味があるのは分かるので、一度立ち寄れば再訪はないとわかります

富山の人気NO.1 トヤマブラックラーメン

 

今回はトヤマブラックを食べるべく誠や ラーメンに来店!
富山ブラックラーメンはよくTVドラマにまで出てくる、超有名ラーメンです。
実際僕もかなりの期待を抱いて店に入りました!
今回お邪魔したのは、富山ブラックラーメンの有名どころの誠屋さん。

外観

外観はとてもボロボロの感じの家であり、どこがラーメン屋かわからないような感じなのでこれはもしや美味しいかもと期待を抱いて入店しました。

お昼前であったので、入店にはそれほど時間はかからなかったが、お昼になると、長蛇の列になっていたので、中に入っていても、かなりの人が押し寄せているのが分かるほどであった。
外観での評価は、美味しい店の条件はかなり揃っていたので、ラーメンレベルは高いのであろうとの期待を抱いて出てくるラーメンを待てるお店です。

メニュー数

メニューの数はノーマルのラーメンにチャーシューメンがあったりと、ベースになるラーメンで勝負している感じであり、決めるのは麺の量とトッピングだけなので、。
変なメニューの考案はせずラーメンに力を入れているのがうかがえる。
これぞラーメン店というようにメニュー数は限られているので客層は、トラック乗り、カップル、大人ばかりのお店であった。

店内は程よい狭さであった

店内は人が一人通ると、二人目は通流のが難しいセンターにカウンターのある待っている間に他の人のラーメンを眺められる、期待感の満載のお店であった。
初めて富山ブラックラーラーメンを食す僕には期待値が高いお店であった。

待ち時間店内を見渡すと、特にTVや雑誌のアピールは多くなかった、置いてあった富山紹介グルメマップを開くとさりげなく自分の店の宣伝がされてある物が置いてあっただけで、とても雰囲気のある店であった。

富山ブラックラーメン誠や  総評

 

富山ブラックラーメンは、特に美味しいものでもない、誠やでは富山独特のブラックラーメンから、味を全国の人に合うように作っていると聞いていたがし誠やのブラックラーメンは皆が美味しいと口コミに書いてあったので行ってみたが、特に美味しいものではなかった。

富山の人は本当に美味しくないものを美味しいと勘違いしている。

さらには、まずいとも評判のラーメンであった。

普通に富山ブラックラーメンは美味しくないと検索でも4番目に来ていた。

富山はB急グルメの宝庫であった

富山県で美味しいラーメンを探すのは時間がもったいないです。

自分の生まれ育った町の美味しくないものをTVなどで少し変わったものとして、どんどん売り出した結果が、
新しいものを地元の人々が考え出して違う路線に変更して本当に美味しいものを提供するということに目がいっていないと今回のラーメン屋巡りでわかった。

富山県ではご当地の美味しいものを見つけられなかった、本当に美味しくないB級グルメの宝庫であったので、

美味しいご飯を求めて、富山県に再訪することはないであろう。

 

富山で美味しいものがあると知っているならコメントをお願いします。

[contact-form][contact-field label=”名前” type=”name” required=”true” /][contact-field label=”メールアドレス” type=”email” required=”true” /][contact-field label=”ウェブサイト” type=”url” /][contact-field label=”メッセージ” type=”textarea” /][/contact-form]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA